看護師|大手転職エージェントに限って、豊富な案件があるというメリットがありますが…

大規模な転職エージェントは、多くの案件を扱っているその反…

  • 転職エージェントは大手であるほど、いろんな案件を扱っているというメリットがありますが、反面、転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。そのためあなたが、応募したい会社を見つけても、担当スタッフが「転職の望みが薄い」と判断すると応募してもらえないこともザラですし、企業から見てあなたよりも有能だと評価される人がいれば、その人を優先することも考えられます。このように大手エージェント運営元は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱いかなり難しいので、方針を変更して中小クラスのエージェントたちに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できないか、と尋ねておくと自分のために動いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。
  • もしあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」のよう・・

  • あなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都市部から地方に移り住んで、再就職したいと考えている人が、近年増えています。最近では転職サイトをうまく活用すれば、国内のどの地域の求人情報にもいつでも簡単にアクセスできます。ただ、地方や郊外での求人情報では、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、それがマイナスといえます。なので、求人情報サイトを利用するのは当然ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも定期的に確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポートの情報も見逃さないようにしましょう。
  • 初めて転職を行うにあたって、注意すべきことはなぜ現職を辞めたいかにつ…

  • 生まれてはじめて転職を行うのであれば、大切なのはどうして現在の仕事を辞めなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが賢明でしょう。その上で問題改善ができる会社を決めるのです。既卒者の転職活動は、新卒時の就職活動とは違い、働きつつ、就職活動を行っていくため、時間と体力を消耗します。そのため明確な理由が頭にない状態で転職活動を始めると、途中で挫折してしまうことがあります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動を本格的に始めることはやめておくのが得策です。
  • 看護師|経験したことがない業界などに転職したいと考えている場合には、…

  • 今まで経験したことのない分野とかに転業を行う際は、前の会社で培ってきたスキルや今までやってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールがいるようになります。経験をしたことのない業種の場合、未経験の分だけその業種で経験してきた人たちよりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身の持っている力がそこで発揮できるということを相手に言えば、戦うことができるケースも考えられます。ですから、経験が全くない分野にチャレンジする場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた職務内容とのつながりを必ず考えましょう。
  • 看護師|就職活動をする場合に特に注意したほうがよい求人の募集内容は、…

  • 転職するため仕事探しをする際に気を付けて欲しい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束時間が長いものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることが多いです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間とか45時間というように求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みになります。(この仕組みは違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代45時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料がもらえます」という求人になります。ただし、悪質な求人情報では『みなし』を表記していないことも少なくないので気を付けてください。
  • 私たちの労働環境は、この先、今以上にシンプルな仕事…

  • 今後、私たちの労働環境においてますます考えなくてもできる労働は機械によってそれに伴い、そういう仕事をする労働人口は削減させられてしまいます。というのは、短絡的な仕事という観点ではヒトよりも機械でやったほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動きをずっとリピートしたりすることは機械には何の苦もありません。人と違って泣き言は言わないし、ペースが変わることもなく適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、さらに、賃金が発生しないのも大きな違いといえます。ですので、人間を使う意味がまったく無いため、機械に置き代わるのも無理もありません。
  • 看護師|転職活動をしていて面接で例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。このうち志望動機については、思っていることをそのまま話してもOKですが、転職理由についてストレートに伝えるのは得策ではありません。収入面の不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。おそらく、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。加えて、「入社したら、〇〇をやっていきます「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えるのが正解です。