看護師|多くの場合大手企業は定期採用中心で、転職で入る事は簡単ではありません。

一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですか…

一般的に見て大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職希望者には適していません。しかも都会以外だとより状況がずっと狭まります。ただし、製造業の企業においては、都市部でない地方の工業団地近辺に工場展開している事もとても多いです。そのような地方の工場の場合、事業分野の拡大時に「人員募集」を積極的に行うので、そういった機会を利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。地方の工場に転職したい場合、希望する会社の情報をまえもって得ておきましょう。公式サイトをチェックし、人員募集の有無など、忘れずに確認すると良いでしょう。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。面接では、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収より多く言って、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんどありえません。仮に、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職に追いやられる事態になることもあるので、注意しましょう

生まれて初めて失業保険をもらう場合、給付されるのを待っているだけでいいと思っている・・

生涯初の失業保険をもらうケースでは、じっとしていれば給付されると考えている人がたいへん多いですが、それは誤解です。実は、失業保険を職探しを行っていることが必要で、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。一か月おきに担当者に求職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。仮に、きちんと就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月の職員との面談を無断欠席している場合は、当然問答無用で給付がされなかったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために気をつけてください。

看護師|将来的に転職活動をするのなら、気になる求人(あるいは職種)…

転職活動をされるなら、良いと思う求人(または職種)があれば、必ず「〇〇業、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナスとなる面は、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索で多くの事例に触れられるはずです。そうしたチェックを怠りながら会社に入ると、あとで後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ていた理由が「仕事がキツイから人がなかなか定着してくれない」というケースが少なくないため、気になる業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

看護師|いわゆるPCやスマホを使えばわかるけどネットの世界では…

世の中は変わっていてPCを使えばわかるけどネット上では、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものがあちこちに存在しているのをご存知でしょうか?サイトを見て自分自身の目的に合致した転職先を見付けるためには、まずは情報を集めることをしましょう。「転職サイト」を上手く利用することでスムーズな転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみてください。

看護師|「就職エージェント」の大手ほど、いろんな案件があるというメリットがあります・・

大手の就職エージェントに限って、豊富な案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、反面、転職を希望するライバルもたくさんいる可能性が高いです。それがためにあなたが、気になる企業を探し出しても、担当スタッフの側が「転職するのが難しい」と判断すれば応募してもらえない可能性もありますし、会社から見て自分よりも有能な人がいれば、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。このように大手エージェント運営元は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い応募することが困難なので、方針を変えて少し規模の小さいエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか話しをしてみると、自分の利益を考えて行動してくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。

仮にあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」といった具合…

もしあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移住した上で転職したい、と思っている方も少なくありません。ネット社会の今では転職サイトを見れば、国内のあらゆる場所の求人情報にも容易に得ることができますが、ただし、地方での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが一般的です。ですから、転職サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも定期的に確認し、そうした機関の就業サポート系のイベントについても見ておくと、良い出会いが期待できます。