看護師|全くの初挑戦の業種などに転職を考えるときには、以前の職…

初挑戦の分野などに転業したい場合には、前の会社で、自分が…

初挑戦となる業界などに転身をしようとするときには、以前の職で、自分が身に付けた力や今までの経験を発揮することができるという自己アピールがいるようになります。そのジャンルの未経験者は経験していない分その業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、足りない部分はありますが、自らの持っている能力がそこで十分に生きるということをしっかりと話せれば、戦えるケースも出てきます。ですから、経験のない業界に挑むときには、その業種とこれまで自分が働いてきた職務とのつながりを必ず探しましょう。

看護師|転職するため職探しをする場合に注意したほうがよい求人情報は…

転職するため仕事探しをするときに気を付けたほうがよい求人は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出していることが多々見受けられるます。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、はじめから給料形態に残業代を組み込んでおく、といったことです。(注・違法ではありません)『みなし残業代20時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」という意味になります。が、悪質な求人情報では『みなし』を意図的に表記してないこともザラですので気を付けてください。

看護師|今後、労働力という観点において徐々に短絡的な仕事は機械化によって…

私たちの社会的環境において、将来的に今以上に単純労働は機械に変えられてそして、労働力はどうしても減っていきます。なぜかというと、簡単な作業という観点では人より機械を稼働させたほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。例えば、数を数えたり同じ動きをリピートしたりすることは機械なら何の苦もないのです。もちろん人間とは違って文句も言わない、疲れることもないし、インチキをすることもないし、正確な作業ですし、均一だし、そして、人と違って賃金が発生しないのもメリットといえます。このような観点から生身の人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械に置き代わるのも自然といえます。

転職活動をしていると、面接のときに例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、面接のときに例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。「志望動機」は、思ったとおりの内容で構いませんが、「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。給料に対する不満、人間関係に対する不満など、面接官によいイメージを与えるものではありません。とはいっても、自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、この企業に入社してこういうことをしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機に話をすり替えてみましょう。

転職先で会社見学しておけば、非常に参考になります。

転職したいと考えている会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。また、「職人」のいる会社なら、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には例外なく、普段の仕事風景を見せてくれることはまずありません。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。個人のアクが出やすい業種なので、入社後でなければ、本当の姿はわかりません。ですから、仕事=見学で知った内容と決めつけないことがとても賢明です。ましてや、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は、かなり問題なので注意しておくべきです。入社していない段階では万が一問題が発生したとしても、保証が一切ないので、仮に、勧められても丁寧に断るようにしましょう。

看護師|転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人は少なくありません。ですが、忙しく働きながら求人をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神的にも肉体的にもかなり骨の折れる作業といえます。また、転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、そのまま書類選考が通り、面接の連絡が来た後で事態すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と認識しておくべきです。

看護師|転職活動を始めるにあたって、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが・・

転職活動を開始するとき、あれこれ情報収集されるとは思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた、辞めさせられた社員の腹いせでその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、投稿の内容が真実でなければ、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。しかしながら、実態は『クロ』で「このままではいけないと考え、はやく炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生するリスクが高くなるとみなしていいでしょう。何より、いい会社にはトラブルなんて起こりません。