看護師|何年か前までは求人誌には、性別がもれなく記載されていました。

一昔前の求人誌には、雇用側が求める人材の「性別」が当然のように書かれていました。

一昔前の求人情報には、雇用側が必要とする「性別」について、記載されているのが一般的でした。ですが最近では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女差別が採用時にしてはいけない事となり、求人情報の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな変化があるものの、求人側は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。現実問題として、本当は男性が希望の業種に女性が募集にやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といった問題も無関係ではありません。例えば、「女性が活躍できる職場です」と記載される案件の場合は、求めているのは女性だと捉えておいたほうが良いです。

看護師|女性が再就職する場合、今現在と数年前では少なからず、変化があるといいます。

女性が再就職する時、一昔前と現在と若干の変化が見受けられます。前は面接の際に会社側から、結婚の予定や出産後の方針などのことに関して、ごく一般的なこととして質問されることが多々ありました。ですが、今現在はその手の内容は、「セクハラ」と捉えられ、質問しない企業、が増加傾向にあります。そして、特に大企業ほど、NG質問として露骨に避けるようになっています。ただ実際、会社側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたいのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを把握しておきたいとは思うはずです。自身の将来設計を知ってもらうためにも、志望動機・自己PRの中に織り交ぜながら話すことで、面接官にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると思うわけです。そういうわけで、質問されていないことでも、あなたの方から気遣いつつ、話していくことを考えてみてください。

再就職をする際に面接で絶対といっていいほど投げかけられる・・

転職をする際に面接で高い確率で質問されるのが前に働いていた会社を辞職した理由なわけですが、このような質問になった場合には話題を辞職した会社に向けない方が最善です。前職を退職するに至った経緯にスポットを当てるとほぼ確実に悪い面を伴った内容になってしまいますから。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、前職を辞めたのはこちらの会社に絶対に入社したいという考えがあったからという話に進めていくということで、自己アピールもかねて自分が面接している会社に話を向けていくべきなのです。転職理由でも、その会社の内容であれば好印象の辞職の理由に聞こえます。

看護師|転職時の面接に転職希望の会社へ行ったときのことです。

転職の採用面接を受けるため希望先の会社へ出向いたときのことです。その会社にある部屋が空いていないということで会社外で面接官との待ち合わせをして面接をして、その場で解散をして、面接官もそのまま直接帰宅するとのことでしたが、奇遇にも自宅の最寄駅が同じだったのです。結局は電車内においても面接官とずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することとなり、そのため緊張が解け面接よりお話が弾んで、それが奏功したのか何事もなく採用を掴むことができました。

求人に関係する情報をチェックする時、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人・・

求人関連の情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業を見ようとしないものですが、そんな人は「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているケースもあります。実際に、製造業での求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といったスタッフ募集に加え、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類する仕事がたくさん存在します。でも、製造業の勤め先はビジネス街でないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。そうした事には自身のこだわりを捨てることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

クールビズをして転職の面接に行く際には、さすがにジャケットまで…

クールビズで転職の面接に行くときには、ジャケットにおいてはやはり着用しなくても大丈夫だと言い切ることができるわけですが、ネクタイはつけている方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイの着用はなくても大丈夫だと考えている会社もあることもなくはないです。ですが、ネクタイについてはクールビズだろうと身だしなみとしてしなければならないと思っている会社が存在するわけです。ですから、クールビズ(軽装)の恰好ではネクタイだけは必ず着用いく方が悪い印象を与えないということは知っておいてほしいです。

近年、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門会社をよく見かけるようになりました。

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。「特許」を出した経験のある人は、連絡が来る可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしも、あなたがいかにもヘッドハンティングのような誘いを受けたときには、そういったことが無かったか考えてみましょう。稀にヘッドハンティングと称して、登録料を要求しようとする会社もありますが、そういったものは100%詐欺といえるので注意しましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が支払うものではありません。