看護師|仕事を探しているときにチェックする仕事の情報というのは・・

転職を考えている時に注意を向ける求人情報について…

仕事を探しているときに目を光らせる求人情報というのは、参考程度に掲載されている、という可能性もあり得ます。そのため、記載されている情報はすべて正しいことだとは安易に信頼しないほうがよろしいかと思います。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与に関しては一般的な値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高値なのか?というような判断ができない場合が多く、自らの勝手な判断で判断してしまうと、今後、そのことを悔いる事もあるでしょう。という訳で、嫌な思いをしないために、求人に載っている情報は一般的なものだと思って、そういった大切な事は会社の方に直に問い合わせるのが適切です。

看護師|転職をするために現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません…

転職を予定しているのなら現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、あなた自身が退職届を出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職のケースではすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月の期間が必要なのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3ヶ月でもらえる、と誤解しないようにしましょう。実際に勘違いしてしまった人が、本当はもらえるはずだと言い張ってハローワークの職員と過去に口論していたのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定されて直ちに失業保険が給付となります。

もしも転職される場合は、「資格」取得は考えておいて損はありません。

もし転職を予定しているのなら、転職前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職活動の際に有利に働くので転職できる企業がグッと増えます。なので、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番良い時期なのです。もしもあなたが将来を見据え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、退職後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。加えて、資格を持つことによって、転職先の面接で面接官に「即戦力」と判断され、今までの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

看護師|転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方にチェックしていただきた…

転職の際、「派遣社員」を選択予定の方に注意してもらいたい点が何点かあります。まず派遣社員というと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をなどの業務内容をぼんやりと想像してしまう方が多いとは思います。実は私自身もかつてはそう思っていました。今の職場に入社するまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「電話対応が主な業務」と入社前に派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、いざ働き始めると、まさか「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。毎回振り回されますし、はじめの説明と大きな食い違いがあるので日々非常に参っています。今はとにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

看護師|一般的に見て大企業は定期採用中心です。ですから、転職希望者には向いていません。

大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。また、地方ではより状況がたいへん少なくなりそうです。ただ、「製造業」であれば、都市部でない地方の工業団地を運営していることが少なくありません。また、そのような工場なら、事業拡大などの際に途中採用することも珍しいことではありません。そういった機会に転職も悪くないと思います。地方の工場に転職しようと思うなら、転職を希望する会社についての情報を事前に知っておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人予定の予定はあるか、定期的にチェックしておくと間違いがありません。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。

転職活動では、「年収」が話題に上がります。面接の際、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。今の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはまず無理です。今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが得策です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。

看護師|生涯初の失業保険を受ける場合、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人…

生まれて初めて失業保険をもらうときに、何もしなくても受け取れると考えている人が極めて多いですが、それは正しくありません。本当は、失業保険を希望通りにもらうためには、仕事探しを続けていることが必要で、加えて、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月ごとに担当者に就職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。対称的に、真剣に就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談欠席したときは、決まりとして給付が見送られたり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう充分に気をつけてください。