看護師|仕事をするにあたり、心的なダメージが蓄積されてしまい…

看護師|働くことによって精神的なダメージがあり、会社を変えなければという気持ちになったなら・・

  • 仕事のなかで心的にまいってしまい転職を考えざるを得ない状況となったなら、そんな時は、職場の人に相談するよりも自身の家族と相談し、退職するかどうかの判断をしてみましょう。仕事をするのは自らのためでもありますがしかし。身内の問題ともいえます。どれだけ給料が良いからといって、メンタル面がダメージを負ってしまうまで我慢しながら延々と働くのは良いことではないはずです。現代は、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方が尊重される社会です。ですから、あなたの身内や、あなた自らの心と体をいたわりましょう。

  • 現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりし…

  • 現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されるなど、罰則もそれなりに強化されていますが、まだまだ問題が多い状況にあります。そこで、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目を順番にあれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。「その場では答えられない」というような逃げようとすることがよくあります。「休日」「給与」「残業」では、質問していくうちに、渋い表情を見せる場合が多くあります。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこでようやく相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、見抜いた方が後々いいと思います。

  • 看護師|雇用期間中は、できたら、周りの人間に悟られないよう、…

  • 就労中には、出来るだけ周りの人間にバレないように(私の場合)在職期間中に「転業するかも」という考えを早い段階で会社内で言ってみたことがありました。けれども、その後転職サイトを必死に色々とみていったのですが、働く先も転職するタイミングすら何一つ決まらず知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。一方、会社のほうは、業務の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職予定日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、お粗末な状況になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。

  • 看護師|知人の紹介をキッカケにして転職する先を見付ける人がいます。

  • 友人・知人からの紹介によって転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけれど転職先の労働環境やあるいは労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミ情報のみで判断するのは後々トラブルになることが多いです。口コミの中でもそういう口コミ情報は客観性に乏しいからです。要するに友人・知人にとって、ベストな働く場所であっても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、まったくそう思えない可能性もあります。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、自身の目でしっかりチェックしてみてください。

  • 看護婦と言った看護師というのはどうしても女性比率が大きい…

  • その昔は看護婦と呼んでいた看護師は仕事としてやっぱり女性の割合が大きい職場です。加えて、気力・体力のかなり消耗が激しい特徴もあります。とうぜん職場での人間関係の問題や、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい職業といえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職希望者が多いといいます。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に陥っています。最近は特に、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

  • 『今すぐ転職したい!』という願望があって、未来の進む道もハッキリしているのな…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。しかし、ここでは曖昧な表現をすると場合によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際に私もそういった経験があり、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職したいことをはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。本来なら、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり会社サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたので非常に前の会社に対しての愛想が尽きました。

  • 看護師|求職活動をするとき、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

  • 転職をするに際しては、ウェブ上でのエージェントに頼ることもあるでしょうが、仮にそのようなエージェントに登録したことの結果として就職先を見つけられたとしても、失業保険を受け取ることはできません。ハローワーク以外の機関を利用して就職しても給付対象にならないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。一方、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらって就職した場合は、就業の準備金として「一時金」を得られたりもします。ネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このことについて知らない場合は、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。