看護師|人生初の転職をする場合、頭に入れておくべきなのは「現在の仕事を変えたい理由…

看護師|最初に転職を行うにあたって、重要なのは「現在の仕事を変えたい理由」・・

  • 生まれてはじめて転職をする際、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を辞めたいかをクリアにしておくことだと断言できます。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。そして問題解消が見込める会社を決めることになります。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、今の仕事を勤めながら就職活動していくので、時間と体力を消耗します。したがって明確な理由がないまま転職活動をした場合、途中で息切れしてしまう可能性もあります。「どうしても転職したい!」「現状を変えたい!」という強固な気持ちがない場合は、転職活動を始めるのは、やめておいたた方がいいでしょう
  • 全くの初挑戦となる業種などに転職したいと思っている場合には・・

  • 経験のない業界などに転身したいときには、前の会社で、自分が育んできたスキルやこれまで経験したことが生かせるという内容の自己主張が必要です。初めてのジャンルの場合、経験していない分その業種を経験している人よりも正直、不利な状態になりますけど、自分の持っている力がその業界でも生かせるということをうまく相手に話すことができれば、戦えることも多々出てきます。という事で、経験が全然ない分野にチャレンジする際には、その業種と前の職場でやっていた職務とのつながりをできる限り見つけ出してみましょう。
  • 就職活動中に気を付けたほうがよい募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高め・・

  • 就職するため職探しをする場合に注意して欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長いというものです。このような求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出していることが多々見受けられるます。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間や45時間といった感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れておく、といった仕組みです。(注・合法です)もしも求人に『みなし残業代20時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という意味になるわけです。ただし、悪質な求人情報では『みなし』という言葉自体がこともザラですので気をつけておきましょう。
  • 将来的に、私たちの労働環境においてみるみるうちに考えなくてもできる労・・

  • 将来、私たちの社会的環境においてより一層短絡的な労働は機械化に置き換わって結果的にそういう仕事をする労働力は少なからず減少していきます。なぜかというと単純労働の場合は、人以上に機械のほうが数段に強いからです。数を数えたり同一の手順をずっとリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。人間とは違って泣き言は言わないし、疲れないし、インチキをすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できる強みもあります。そして、給与が発生しないのも違いですね。このように、労働力として人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械化されるのは必然といえるでしょう。
  • 看護師|転職活動をしていて面接において絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていて例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、隠さずに話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由についてそのまま話すのは得策ではありません。たとえば報酬に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、あまり良い内容ではありません。もっとも、自分が不利になることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重に質問してくると考えておくべきです。これに対して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。それにプラスして、この会社に入ってこんな仕事をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機にすり替えてしまうのです。
  • 看護師|転職したい会社で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。

  • 転職候補先の会社見学ができれば、たいへん勉強になります。とりわけ、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られてワクワクします。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、日常の現場を見せることはまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社してからでないと、本来の姿は伺えません。なので、仕事は見学で見たものだけだと決めつけないことが大切です。ましてや、見学時に実際に仕事を体験させる会社はとても危険ですから良い会社とは言えません。雇用契約を結んでいない人には万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保証が一切ないため、仕事体験ができる、と言われても丁寧に断っておくようにしましょう。
  • 看護師|転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。とはいっても、忙しく仕事をしつつ求人情報をチェックして応募したり、面接を受ける、というのは結構きついと思います。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、面倒な事になるかもしれません。エージェントを介していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、直接応募していたとしても、相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。自分の大事な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しなければいけません。