看護師|もっと良い会社につきたいと転職活動をする場合には「できるだけはや・・

看護師|今と違った企業に入りたいと転職をする活動をしている…

  • 今と違った企業の社員になりたいと転職で活動しているときの場合には「はやく、内定が手にしたい」と思っているはずです。しかしながら、そのために吉報を得たいばかりに、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、反対に自分を安売りするようなマネはなるべくしないでください。そうではなくて、焦燥感をガマンして、冷静になりつつ、自分の能力にあった職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経歴が生きるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を選択してみましょう。
  • 万一現職からの転身の決意したなら、徹底して社内の人間に…

  • 仮にあなたが、転業を決意したのなら、周囲の人間には内密にその意思を伝えずに、転職活動を進め、現職期間中は、可能な限り社内の人間に知られないように淡々と業務をこなすのがとても利口です。転職先が決まっていない間、その姿勢でいれば、万一転職先探しがすぐに見つけられなくても、転職時期を保留しながら、現在の仕事を続けることも何ら問題がありません。でも軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人間は、その言葉に合わせて対応し出します。それに周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲からは「あの人はもうじき辞める」と広まります。そういった状況のあとで、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」ということで立場が悪くなると感じるおそれもあります。
  • 看護師|この前転職先を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 3日ほど前新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の方がどうも大学卒業後まもない社員のようで、こちら側が説明していることの半分ほどもその社員はわかっていない感じでした。おまけに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」とか、一人前のように偉そうに言うので非常に不快な気分になりました。カウンセリング担当者はある程度カウンセリングのスキルがある方にするべきです。
  • 看護師|転職というものをする場合、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は…

  • 転職というものをする場合、転職後の自分の給与について気にする人がどうも多いです。とうぜん誰しも仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として稼ぐべく仕事を選択すると思います。だから年収の額は自身がどれほど評価してもらえているか、という側面もありますから、大切なのは至極当然です。それにしても年収というものばかりをとらわれすぎてしまうのも人生を損してしまう気がします。それより年収が期待できない業種でったもやりがいを感じられることが大いにあるものだからです。
  • 再就職しようとする際に絶対に書く必要がある履歴書や職務経歴書などに関しては、…

  • 再就職の時に絶対に用意しないといけない履歴書においてですが、ほとんどはパソコンを用いて作るのが一般的となっています。日本においては履歴書についてはパソコンによるものではなくペンを使って作成するのが当然だと思われることも多いですが、それは新卒の就活やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、実際のところ、転職をする時については100%絶対に手書きでないといけないとはっきりとは言えません。手書きの方を良しとするケースもあるようですが、そうじゃない会社が増加してきますから、パソコンで書かれた履歴書や職務経歴書でもよろしい企業はたくさんあるのです。
  • 今の自分のスキルや資格を活かして転職活動を検討する場合は…

  • 自身のスキルを活かして再就職を検討しているなら、比較的、再就職がしやすいジャンルとそうではない業界がある事を事前に知っておきましょう。転職がしやすい業界としては、慢性的に人材が不足している「医療・介護」の分野がとても有名ですね。医療・介護系の仕事は看護師および介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが高めの業種ともいえます。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、理由あって他の業界に再就職する事を考える場合、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の働き手の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。したがって、容易に考えないことが重要です。転職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。
  • 転職をするのに、とにかく勤務している会社を辞めてか…

  • 転職活動を始めるときに、まずは現在働いている会社を完全に辞めてからと考える人もいるようですが、そういったときにはボーナスの支給時期を事前に確認しておきましょう。社員にボーナスを支給する会社はほとんどですが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが振り込まれる時期まで数か月しかないなら、支給日を過ぎてから退職するというのもうまいやり方です。ボーナスは月々の給与と比べて大きな額なので、もらった方が良いと断言することができますから、会社を辞めようと思ったらボーナスの支給時期について確認するのを忘れないようにするのが損をしません。