看護師|もし転職を予定しているのなら、資格を取得することでステップアップできます。

看護師|もしも転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取得しておくことをお勧めします。

もし転職を予定しているのなら、先に「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格取得しておくのがベストです。転職活動でそれを生かせることができるので、選べる企業がぐっと増えます。ですから、在任期間中での資格取得が一番最適です。もしあなたが将来を見据え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、退職後も前向きに次に進めるはずです。それに、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の場では面接官に即戦力になる人材だと印象付けることができ、今までより待遇アップも期待できるでしょう。

看護師|転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人…

転職の際、「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしていただきたい箇所が何点かあります。まず派遣に関しては、「データ入力」「電話対応」「その他雑用」といった業務内容をぼんやりと思い浮かべている方がおそらく多いはずです。最初はかく言う私自身もそう勘違いしていました。現在勤めている企業に入社するまでは「メインの業務は電話対応になります」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。ですが、仕事に就くと、「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とは全く違うのでかなりきついです。今は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

多くの場合一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は簡単ではありません。

一般的に見て大手企業は定期採用中心で、転職希望者には不向きです。また、都会エリア外だと転職のチャンスが低くなります。けれども「製造業」に関連する企業であれば、都市部でない地方の工業団地などに工場を構えていることが少なくありません。さらに、そのような工場の場合、事業拡大とともに中途採用する事がよくあります。この機会に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する会社についての情報を得ておきましょう。ホームページをチェックし、人員募集の有無など、こまめにチェックしてみましょう。

看護師|就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。面接の際、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。源泉徴収票が必要となるため、仮に一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこでウソがバレてしまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。現在の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人…

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が多数派ですが、それは誤解です。実のところ、きちんと受け取り続けるためには、職探しを続けている必要があり、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月ごとにハローワーク職員との面談を通じて、真摯に就職活動をしていると判断されれば翌月の保険給付が行われるシステムです。その真逆に、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、情け無用で給付を一時停止したり、それ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう注意が必要です。

看護師|将来的に転職活動をするのなら、気になる求人(OR 職…

転職活動しているとき、気になる求人(もしくは業種)を見つけた際にはきちんと「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索しておきましょう。求人票や転職サイトの担当者の言葉からは業界に関するマイナス面などは知らせてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索を活用することですぐに実態を知ることができます。そういった手間を惜しんで入社した場合、直後にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」ということも多いので気になる案件・業種については、下調べをした上で応募しましょう。

世の中は便利になったものでパソコンを使えばわかるけど…

PCやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界には今では「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがあちこちにあったりします。その相当な数のサイトから自分の目的に合致した転職先と思えるのを見つけるにはとりあえず情報を集めることが必要です。こういうサイトを上手く利用することで効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながら確かめてみましょう。