看護師|もしも転職される場合は、転職する前に資格を取得することで選択肢が増えます。

広告
マリッシュ 口コミ

看護師|もしもあなたが転職したいと考えているなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もしも転職をするなら先に資格を取るとステップアップします。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格を取っておけば、転職活動の際でそれを生かせることができるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。なので、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての一番良い時期といえます。もしあなたが将来を見据え、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の仕事に別れを告げても前向きに次に進めるはずです。それにプラスして、資格によって転職先での面接時に面接担当者に戦力になると判断してもらえ、待遇アップも期待できます。

看護師|これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている・・

転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてもらいたいことが何点かあります。派遣社員と聞くと「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」といった仕事をイメージされる人がおそらく多々ありますよね。私自身もそう思ってました。現在働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「担当してもらう業務は電話対応になります」と直接派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし、いざ働き始めると、「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を指示されました。特別な知識もなく、はじめの説明とは全く違うので日々困っています。今は、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

たいていの場合は大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので・・

たいていの場合は一流企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入る事は容易ではありません。また、都市近郊部~地方となるとそのチャンスは容易ではないでしょう。ただ、「製造業」の企業の場合あれば、都市部でない地方の工業団地のあたりに工場を持っていることもはずです。その地方工場では事業分野の拡大時に「人員募集」をしていることが多々あるので、そのタイミングに転職するのもいいでしょう。地方の工場に転職しようと思うなら、転職を希望する企業の情報を事前に知っておきましょう。公式サイトを見て、人員募集の有無など、ちょこちょこ確認しておきましょう。

就職活動において、最大の問題になるのは年収です。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。面接では、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収を多く偽って、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうのです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性は普通はありません。現在の年収が430万円であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社したのに退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。

生まれて初めて失業保険をもらうときに、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人…

はじめて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても受け取れると考えている人がたいへん多いですが、それは誤解です。本当は、失業保険をきちんと求職活動を続けていることが条件で、それとは別に、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔で担当者に就職活動の状況をきちんと説明して本気で就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。もしも、本気で就職活動をしていないと思われたり、毎月一回の職員との面談にも顔を出さない場合は、有無を言わさずに給付の一時停止に至ったり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるので注意が必要です。

看護師|転職活動のとき、気になった求人(もしくは業種)を見つけたと…

転職活動をするのなら、良いと思う求人(業界)を見付けるたびに忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントからは業界のマイナスとなる面は、教えてもらえないのが普通です。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索によってカンタンに瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そうした手間を惜しんで入社してしまうと、あとで後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が出ている理由が「仕事内容がキツイから入っても続かない」といったケースが少なくないため、興味をもった案件や業種については、注意したほうが良いでしょう。

看護師|PCやスマホで調べればネットのエリアには、今では転職情報を掲載している「転職サイト…

最近パソコンやスマホを見ればインターネットで見られる世界にはいわゆる「転職に関するサイト」に類するものがあちこちにあったりします。その多くて困るくらいのサイトから自分が求めている転職先というのを見つけたいなら、まずは情報を収集することをする必要があります。こういう転職サイトをきっちり利用することで効率的に転職先探しが可能です。転職情報が満載で、正しいレビューなども載っている優良な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですからよそと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。