看護師という職業の人のほかの仕事に転職を決断する理由は・・

看護師|看護師のほかの仕事に転職する原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という職業の人の転職する原因は人それぞれです。考えてみると看護師が他の職業への転職するには「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚することで家庭環境の変化によって出産・子育てそれから家族の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によって今までと同じような仕事が難しくなってしまった」「今の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」など、さまざまな理由が考えられますね。しかし、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やして冷静に、再度、現状認識をしてみることもやっておきましょう。「実際に転職したら状況が好転するのか?」ともう一度考えたうえで決断すれば間違いが減らせます。

看護師|再就職した会社でそれまでの能力を存分に発揮できれ…

転職した会社でこれまでに培ってきた実力を活かすことができれば、即戦力として一目置かれ割と早く仕事場にも馴染めるはずです。人を募集している会社側もそういった人材は常に欲しがるものですから、会社側が判断しても即戦力となる転職は難なく事が運ぶでしょう。加えてこれまでの職場と同じような職種なら転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。但し、それなりに能力があるといっても大手の事務系、公務員などは、今も昔も中々の難関を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

看護師|転職時の面接では、してはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なま・・

転職の際に必須となる採用面接では、よく思い違いがあるのですがあからさまな猫をかぶることです。すると思いのほか逆効果になる可能性があります。そうならないために例に挙げるならば面接時は、「残業」などの、普通はかなり質問しにくい内容を勇気を出し質問しておいた方が、最終的に確実に自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経なそういった質問をすることで面接結果に響くのではないか」と危惧するかもしれません。けれど、意外なことに、面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いといいます。こうしたお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。ついつい面接に応募した人たちの多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。それを勇気を出し一歩踏み込めば「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

看護師|とある古物商の求人に応募し、書類審査を通過しました。す・・

とある古物商の会社で、書類審査に合格しました。2、3日して面接の日時について相手方から連絡をもらい、ところが、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、どういうわけか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待って、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、非常にだらしない態度を見せられ、淡々と面接が終了しました。ところが、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、しびれを切らし、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待ちましたが、ですが、これも来ず、そんなわけで再度問い合わせてみた結果、「結果は不採用でした」、とすぐに電話を切られました。呆れ果ててしまいましたが、とりあえず不採用で良かったとホッとしています。

転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうな・・

近いうちに転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。この手当ては現在の所属する会社がもし「雇用保険」を支払っていた場合は、必ず誰でも失業手当を手にできます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。このときの、もらえる「失業手当」の金額は、最後となる月の近々の給料をもとに失業手当の金額を計算されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

派遣会社を介して働く人が規制緩和の後、多くなっています…

直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が近時は増える傾向にあります。労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、そのうちどれだけが自分に入るのかをできるだけ面接の際に聞いた方がいいです。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらうシステムと考えることができますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらされない派遣会社も多く、気が付くと8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しない場合も多くあります。面接の際にあいまいな返答しかしない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、極力別の派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

看護師|これまで私は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」を使っていました。

これまでは「転職サイト」で職を探すより、私はハローワーク派でした。というのは、CMで有名な大手の転職サイトは、特性上、都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。であったため、求人情報を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域密着なので、都会以外での転職には役立ちます。「ハローワークって地味な雰囲気がある」とイメージしている人もいるはずです。思いのほか、良い求人もそこそこ掲載されているので転職希望の方は、お近くのハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」みたいに執拗な電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。