看護師|この前転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に向かいました。

看護師|昨日転職先の会社を探すために人材バンクに登録に行きました。

  • 昨日転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に足を運びました。カウンセリングの時に出てきた担当の人が見たところ入社してから間もない新入社員のようで、こちらが説明している話の3割も彼はわかってはいない様子です。しかも「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくことが必要でしょう」とか、一人前のように横柄にしゃべるのでとっても不愉快でした。カウンセラーはある程度仕事の経験がある人にしてほしいと感じます。
  • 転職というものを考えるとき、転職したあとの年収を気にしすぎる人・・

  • 転職しようと考えたとき、そこでの自身の給与を過剰に気にする人がけっこう少数派でもないでしょう。ほとんどの方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を稼ぐために仕事しているのはずです。年収というのは自身がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、大切に思うのは否定できません。しかしながら、必要以上にもらっている年収の額に固執しすぎる人生というのも人生を損してしまうものです。それより収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が大いにあるものだからです。
  • 看護師|転職をしようとする時に絶対に書く履歴書などについてです…

  • 再就職する場合絶対に書く履歴書や職務経歴書などにおいてですが、大体、パソコンで作成するというのが大多数です。今の日本社会では履歴書や職務経歴書は自筆で準備するというのが当たり前だと思われる面も多々ありますが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実は、転職の際は絶対に手書きでないといけないと断言することはできないのです。手書きの履歴書や職務経歴書の方を良しとする会社もあるようですが、違うケースがだんだん増えてきますから、パソコンを使って作った履歴書でもOKな企業は多いのです。
  • 自分のスキルや資格を活かして再就職する場合は、比較的、再就職がしやすいジャン・・

  • 自分のスキルや資格を活かしつつ、再就職を考える際は、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておきましょう。再就職しやすい業界は、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」系が最たる例です。医療・介護系の仕事は看護師および介護士の「資格」が必須であるため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて何かしらの事情によって他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、そのため、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職をされるのであれば、「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけましょう。
  • 転職活動をスタートするときに、とにかく今勤務している会社を辞めた後…

  • 転職をしようとするときに、とにかく今の会社を辞めてからという考えを持つ人もいますが、そういったときには今度のボーナスの時期を事前に確認しておきましょう。ボーナス支給がある企業はいくらでも存在しますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが支給される時期まで長くないのなら、それを待ってから辞めるというやり方も賢いやり方です。ボーナスは少々大金なので、もらい損ねたら損ということも断言することができますから、転職を考える時にはいつボーナスが入るのかをまず第一に確かめておくとスマートなやり方です。
  • 看護師|失業時の助けになる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが、…

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに勤務していた期間によって違い、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、世の中にはこれを知らずに永久にもらえるものと勘違いしていつまでも遊んでいる人がいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦りつつ就職先を見つけようとしても好条件の仕事を見つけるのは困難です。会社の面接官も無能では無いので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」に関してはだいたいバレると思っておくべきです。もしかすると、面接の時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、まず受からないでしょう。
  • 昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。今の安倍政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たに経済政策を打ち出し、経済政策共々日銀の金融政策とあいまって、財界や企業間では新たな変化が顕在化しつつあります。そのこともあって民間企業では、今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」がかなり深刻な社会問題となっています。ちなみに「外国人の労働者」の総数を増やして人材確保に務めていくと現内閣は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用や転職をとりまく状況も変化していくのは間違いありません。