看護師|この前、転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていない・・

3ヶ月まえに、転職したというのに、早期に退職を選択してしまう人が…

  • ちょっと前に転職したばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人がけっこう多いといいます。何故そうかと考えてみると私の考えでは心機一転、自分自身に合った環境を見つけたというのに、「自分自身の期待していた職場とけっこう違っていた」「雰囲気が受け入れられなかった」といったことで退職を決意することが珍しくないといいます。でもこういった、転職先選びで後悔しないためには、まずは前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、給与体系、など前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 看護師|転職の活動中はとにかく、なにはともあれ何よりもあなたの…

  • 転職をする活動中はとにかく、まずゼッタイに自身の心のうちが静かであることをとても忘れないようにしましょう。まだ会社の仕事を辞めないで転職をする活動をするのであれば、あまり気にしなくても良いですが、退職後にする際は、やはり内心が焦燥感が出てしまいがちです。なので、冷静になりつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を具体的にしてみてください。そのイメージを候補の職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、落ち着いてしっかりと見極めてみてください。時間を掛けて判断することで転職で良い結果を出しやすくなります。
  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」とほぼ質問されます。そのとき、いかなる理由があったにせよ、前の仕事場での人づきあいや働く環境に関しての愚痴ともとれる返事などは、極力しないようにしましょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスをダメにしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人柄をアピールするのが大切です。、正直な理由でなくとも、「新しい職場においては、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような未来形での話ぶりが求められます。
  • 看護師|転職先を決めるとき、当然仕事のやりがいアップも大事だ…

  • 転職先を選ぶのに、仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず年収が増えることも大事なポイントになるから「年収比較サイト」に登録して事前に研究をしています。全く一緒の会社でその上一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によってすごく違いがあることも多くあり、正直に言えば面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトをチェックしていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人物について誰かだいたい察しがついているのですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。
  • 古来より日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。昨今、その背景を裏付けるかのように「転職」が自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。けれども、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。転職するつもりなら、適したを図る必要があります。初歩として、今現在の職場、や仕事内容について、嫌だと感じいているポイントを、10個前後、箇条書きしてみてください。こうした作業をしておくことによって、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、できるだけ早急に良い仕事を手に入れられるように進めることが大切です。
  • これまで20代前半に転職を数回行い、いまは資格を取る目的…

  • これまで20代前半で転職を数回した為、いまは資格取得のため、「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務とは違うのでどうしても手取りは安いのですが、ですがその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生時代に取った資格を生かして就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、身近にそういった人を見てしまうとうらやましいなと感じます。昔の私は、うまくいってる人と自分とを比較して、ガッカリする日もありました。今は結婚をキッカケに私の生活環境もかなり変わり、以前よりも将来の目標も決まり、まいにち充実しています。
  • これはシフト制の仕事についてです。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、一定の曜日に入れる人を募集している求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているなら休み方やシフトの提出方法については面接の際に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、過去に私は出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として仕事に就いたのですが、そこが「土日」固定のシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。前任者が「土日」に必ず出勤することができたので、私もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、職場の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と私から交渉しないといけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。振り返ると「よく耐えたな」と。