看護師|いよいよ転職活動を考えているのなら、今いる職場や仕・・

そのうち転職やることに当たっては、今いる業務や仕事での不満に思う部・・

これから転職しようと思うのなら、現状の仕事や業務の何に不満があるのかを明確化する事が必要です。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不平にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「しっかりと存在する業務や業務の客観的にみた満足できない点を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そして、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は防ぎやすく、成功することが容易になるはずです。

看護師|このように今の時代の雇用形態の激しい変移をに当たって・・

昨今の労働環境が大きく変わったことに当たって、社会人の中で若い人たちが特に注目しているようです。大方、自身の将来を見据えた動きなのでしょう。こういった背景からサラリーマンや労働者の労働力の「流動化」が活性化しているので、一層、後々若年層の転職への注目が増加していくと思います。このようなことから、仕事を変えることは一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。「終身雇用制度」が存在したかつては、「会社を辞めて転職」はそれだけで印象が悪く、それで損してしまうことも多くありました。ですが、社会が変化し今勤めている職場に執着する必要は益々無くなったともいわれています。

転職時にかなり重要視されるのが「面接」というものです。

転職活動において、比較的重要となるのが間違いなく「面接」になります。普通の面接の際は当人に対して転職を決めた理由や仕事の意気込みなどいろんな質問が飛んできますが、そして、面接が終盤を迎えるあたりで面接希望者側からの疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当の方から「弊社に関して何か質問はありますか?」と言ってくれるわけです。こんな時は、気持ちの準備ができず、何も聞けずじまいになる可能性もあります。こんな場面に備えて、事前に面接官からの問いに際し、答えを考えておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

看護師|派遣として就業しています。派遣法の関連で否応なく、ずっと働いて…

ある会社に派遣されて働いています。派遣法とか労働契約法の関連で残念ですが長く働いた就業先での勤務があと数週間で終了します。同じく派遣で働いている人の中には派遣の勤務先から正規社員としての契約を手に入れた人もいるのですが選ばれた理由としては正直なところ仕事の能力というよりは派遣先の上司へのあしらい方が上手な人でそれで採用された感じ。仕事を遂行する能力よりも上司正社員を転がす能力の方が大事なのかなーと別の派遣のメンバーと派遣先の職場で毎日愚痴を言ってます。

看護師|再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を手渡してきたら…

再就職での面接などの時に面接担当者に名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に差し出す方が良いのか?と迷ったときは、ほとんどの場合は渡すことはないと覚えておきましょう。面接は仕事の内ではなくて、職に就くための就職活動内のことになるので、一般的に考えて名刺を交換する場ではありません。さらに、会社の人としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。したがって、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらの方は名刺を受け取るだけでよくて、担当者に相手に渡す必要性はないと言えます。

より安定した暮らしを希望して「正社員」になろうとしている・・

より安定した人生を欲しがって正規の雇用社員になりたいと考えている人はかなりいます。にもかかわらず、即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに中々正社員として雇い入れてもらうことがうまくいかないケースも少なくないはずです。非正社員の求人募集が目につくのに正規雇用の求人募集以外を見ないで悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。万が一あなたが、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、準社員の求人募集にも目を通してみましょう。企業の一部は、実力次第で、数年で正社員への転身を狙えることもあるんです。面接時にこうした可能性を質問しておくと将来のプランも組みやすくなります。

看護師|転職することを、現在の会社の人たちがあなたの退職を知る…

もしも再就職の前に、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の状況が大きく変わるおそれがあります。普段から良好な場合であれば、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされてしまう事があるので、軽々しく「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。そういったトラブルを回避するため、仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い関係を最後まで保ちつつ、仕事を辞められるはずです。そして、円満退職になれば、退職後であっても、相談できるチャンスも手に入るはずです。どんな企業でも、人との縁はとても大事なので、退職前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。