看護師|あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」といった形…

仮にあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にて…

仮にあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」のように、都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。近年は転職サイトを使用することで地方・郊外での求人情報にも容易に得ることができますが、地方や郊外での求人情報では、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが欠点といえます。したがって求人サイトを使用するのは当然ですが、求人情報サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所のサイトもマメに確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

最初に転職をする場合、頭に入れておくべきなのはなぜ現職を辞める必要があるのかにつ・・

人生初の転職をするのであれば、忘れてはいけないのはなぜ現在の仕事を去るのかを明確化しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが無難でしょう。そして問題を解消してくれそうな会社を選んでいってください。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは違い、現在の仕事を続けながら就職活動していくことから、時間と体力がなければやっていけません。だからこそ明確な理由がないまま転職しようとすると途中で挫折してしまう可能性もあります。どんなことがあっても転職したい、現状を変えたいといった強固な意志がない場合は、転職活動を行うのはやめておくのが無難です。

全く経験したことのない業種とかに転業したいと思っている場合に…

全くの未経験である分野などに転職する際には、以前の会社で培ってきた能力や経験したことが生かせるといった内容の訴えが必要になります。経験をしたことのない分野の場合、それだけその業界で今まで働いてきた人たちよりも正直、損にはなりますが、自らが保持している能力がその分野でも十分に生きるということをしっかりと相手に言えば、戦うことができることも十分に考えられるのです。以上のことを踏まえ経験のない業界に挑む場合は、その業界と今まで自分が経験してきた職務とのかかわりをできる限り見つけ出してみましょう。

就職するため職探しをする場合に注意して欲しい求人情報は…

転職活動する場合に気を付けて欲しい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束時間が長めというものです。このような募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間という感じで求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料に残業代を入れて計算しておくということです。(ちなみに、これは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代50時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料です」ということになるわけです。けれども、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』を表記していない場合もありますのでよく気を付けてください。

看護師|私たちの社会的環境において、将来、徐々に考えなくてもできる作業は…

近い将来、労働力という観点において着々と思考を必要としない労働は機械に差し替えられていきそして、必要な稼働人口はどうしても縮小していきます。というのも、短絡的な作業という観点ではヒト以上に機械を稼働させたほうが圧倒的に分があるからです。数を数えたり同じ動作を延々と繰り返すことは機械なら何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わない、肉体的な疲れもないし、適当にすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。そして、人と違って「人件費」を渡さなくてもいいのがメリットといえます。こういったことから、労働力として人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化されるのは注目されているのです。

転職活動をしている際に、面接のときに例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。転職理由でよくある給料に関する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そのあと、この会社に入社してこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機にすり替えてしまうのです。

転職したい会社の見学は、すごく勉強になります。

転職したい会社で会社見学などがあれば、すごく勉強になります。そのなかでも「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるので楽しいものです。そのような「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、実際の姿を見せてはくれません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。個人のクセが強い業種であるため、実際に入社するまで、本当の姿はわかりません。なので、見学内容イコール仕事現場、と思わないことが大切です。また、見学時に仕事体験ができる会社は、問題があるので良い会社とは言えません。正規雇用が結ばれていない場合、万が一問題が発生したとしても、それに対する保障が一切ないので、万が一、勧められても角が立たないように断るようにしましょう。