看護師|あなたが持つ現在のスキルを活かして転職を検討しているなら、…

看護師|自身のスキルや資格を活かして就職活動したいと思っているなら、…

  • あなたが持つ現在のスキルを活用しながら転職活動する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と比較的、転職が難しい業種がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職しやすい業界は、慢性的な人手不足に陥ってる医療・介護業界がとても有名ですね。医療・介護の職種では看護師および介護士の「資格」が必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて仕事がきついからと他の業界へ再就職したいと思っているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですから、容易に考えないことが重要です。再就職をされるのであれば、異業種では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。

  • 職を変える際に、とにかく今勤務している会社を辞職した・・

  • 仕事を変えようとするときに、まずは今の会社を辞職した後でと考える人もいるでしょうが、そうするときにはボーナスをもらえる日について前もって調べておきましょう。社員にボーナスを出す会社は多いですが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが支給される時期まで長くないのなら、それを待ってから辞職するという考えもうまいやり方です。ボーナスは少々たくさんもらえると思うので、もらわないと損ということもはっきりと言うことができますから、転職を考える時にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを確認するのを怠らないようにするのが賢明なやり方です。

  • 失業者に給付される失業保険は、失業している間もらえるが…

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、もらえる期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって異なり、90とか120日とか決定されるのですが、なんと知らないで期間の制限がないと勘違いして失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りながら職探しを始めても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、失業中に何をしていたかといった箇所はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況によっては、面接官から失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受からないでしょう。

  • 社会的な転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下で・・

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、今の安倍内閣ではアベノミクス「三本の矢」といった新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業ともに新たな変化が具現化されてきています。それもあって民間企業サイドでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」がかなり深刻化しています。また最近では、「外国人の労働者」の総数を増やして人材確保に務めていくと現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

  • 看護師|転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される企業も豊富なため、…

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が案件が多いので、気に入った2,3の会社を、とりあえずは転職サイト登録しておき、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、さらに条件に合った案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集がラクになります。とはいっても、初めに限っては登録するのに多少労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録をする第一回目は時間が少し掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後のことを考えれば、最初にしっかり準備することを頭に入れておきましょう。

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど心的なダメージがあ…

  • 職場環境が原因で心的に厳しくなって、転職せざるを得ない状況になったのなら、そのときは、会社(の関係者)と相談をするより家族などの近しい存在の人に相談したうえで、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜなら、仕事をするのは当事者である自分ではあります。が、しかし身内の問題ともいえます。毎月、どんなに高給を得られたとしても精神が追い込まれるまで仕事をすることは好ましいはずがありません。現在では、経済的に豊かなことよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にする生き方も段々と増えていっています。ですから、あなた自身の家族や、自身の心と体の健康を考えていきましょう。

  • 現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反の取り締まりが強くなった…

  • 現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な企業は公開されたりと、厳罰を処するようになってきましたが、まだまだ問題が多いといえます。実は、面接で見破ることができます。まずは求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらをもとに細かく質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になることがよくあります。とりわけ「給与」「残業」「休日」においては、質問を重ねていくと渋い顔をするケースが多くあります。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、見抜いた方が後々いいと思います。