看護師|あなたが持つ現在のスキルや資格を活かして転職活動をしようと考えているのなら…

今ある自分のスキルや資格を活かしつつ、再就職する場…

今あるスキルを活かして就職活動を検討する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を知っておいてください。転職がむずかしくないジャンルは、慢性的な人手不足に陥ってる医療や介護系の業種がその最たる例です。医療・介護系の仕事はそれぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、ハードルの高いジャンルといえます。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、理由あって他の業界に再就職しようと思う場合は、注意が必要です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。安易に考えない事が必要です。再就職を実際に行う際は、他の業界では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

転職活動を行う際に、とにかく今勤務している会社を辞めた後で…

転職において、とにかく働いている会社の退社手続きを終えてからという人もいるでしょうが、そうであるならボーナスの支給日を事前に確認しておきましょう。社員にボーナスを支給する会社は山ほど存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスをゲットできる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスをもらってから辞める意向を伝えるというやり方も得をする方法です。ボーナスは結構たくさんもらえると思うので、絶対もらったほうが良いと言えるでしょうから、会社を辞める決意をしたなら会社がいつボーナスを支給するかについて確実に把握しておくと堅実です。

看護師|失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが・・

失業者がもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、永久にもらえるわけではありません。離職時までに勤務していた期間によって異なり、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦って就職先を見つけようとしてもよい会社を見つけるのは困難です。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」位はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。相手によっては、面接の時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、9割がた採用されません。

社会的な転職事情ですが、安倍総理による現内閣によって、…

近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。現在の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」といった形で経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業間でも今までにない変化が増加傾向にあります。そのこともあり企業サイドでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。最近では「外国人労働者」の総数を今よりも増やしていく、と安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

看護師|「転職サイト」は、大手が運営しているものほど豊富な量の転職情報が掲載されているため、…

「転職サイト」は、大手のほうが掲載され案件の量も多くなるので、2社か3社くらいまずはサイトに登録し、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、さらに条件に合う案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。しかしながら、最初に限っては登録しなくてはならないので登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。初めの登録のときは時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、後のことを考えれば、最初にきちんと準備することをお勧めします。

職場環境が原因で心的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのな…

会社で何かあって回復が難しいほど精神的な負担が増え、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そのときは、会社を相手に相談するよりも、家族に話を聞いてもらい会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜかというと、仕事をするのは自分のためでもありますが、同時に身内の問題でもあります。毎月、納得のいく高い給料を得たとしても、心的ダメージを負うほど、我慢して仕事をするのは良い状態とは言えません。近年は、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にする生き方も徐々に認められつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族や、自身の心身を大切にしていきましょう。

近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、…

現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公開されるなど、損をする流れになってきましたが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。そこで、面接で見破る必要が出てきます。とりあえず、求人票などの労働条件を事前に調べ、怪しい点について質問をぶつけていきましょう。「ブラック企業」が相手の場合、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、「その場ではちょっと答えられない」といったはぐらかされるはずです。「休日」「給与」「残業」では、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでも食い下がっていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこでようやく相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、入社は止めるべきです。