看護師|「転職サイト」は、大手のほうが掲載される求人情報が多いた・・

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど多くの求人情報が掲載されているため・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載され案件の量も多くなるので、入社したい2,3の会社を、とりあえずメンバー登録して、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、次に条件に合う求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職情報を集めることが可能です。初回に限っては登録するのにかなり時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録初日はけっこう時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着情報だけ確認すれば良いので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけましょう。

  • 看護師|仕事によって回復が難しいほど精神的な負担がかなり増…

  • 会社で何かあって精神的に厳しくなって、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、そのときは、職場の人と相談するより家族などの近しい存在の人に相談したうえで、会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜそうしたほうが良いかというと、働くということは当事者である自分ではあります。が、しかし家族の問題でもあります。どれだけ報酬が良いからといって、精神的ダメージを負ってしまうまで無理しながら仕事をするのは良いはずがありません。現在では、金銭的な豊かさよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にする生き方が尊重される時代です。ですからあまり気にせず、あなたの家族、自身の心と体も大切にしましょう。

  • 今日では、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして・・

  • 近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されるなど、厳罰を与える傾向にありますが、完全には程遠いというのが現状です。だから、面接で見破る必要があります。最初に、求人票などで労働条件を見えておき、ひとつひとつの項目について、細かく質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、「その場では答えられない」というようなはぐらかしをしてくるはずです。中でも「給与」「残業」「休日」については、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い顔をすることが多くあります。それでも迫ると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので化けの皮が剥がれるようになります。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、見抜いた方が後々いいと思います。

  • 在職期間中なら、可能ならば、同僚に悟られないよう…

  • 在職中はできるだけ会社内の人にバレないように(私の例ですが)就労期間中に「転業するかも」という気持ちのみを活動初期の段階で会社内で仄めかしてみました。しかし、その後に求人を必死に色々とみていったのですが、働く先もタイミングも何も進めていたので、ズルズルと時間がムダになるだけでした。その傍ら、会社の方も業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経て次の就職先を再度探しました。

  • 看護師|友人からの紹介を通じて転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 人からの紹介を通じて転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。でも、労働環境やその他の労働条件といった部分について知人の口コミを信用しすぎるとあとでトラブルになることが多いです。というのはそういう口コミ情報は主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。それ故に紹介者から見たらとてもよい職場環境だったとしても、自身の価値観に照らし合わせたときには、イライラするだけの可能性があります。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミのみで判断せずに、自分の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 以前は看護婦と言われていた看護師は仕事として歴史的・・

  • その昔は看護婦という名前だった看護師という職業は、女性の割合がすごく大きい職種です。厳しいことに気力や体力を消耗が激しい特徴もあります。そのために、職場環境での人間関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい職業でもあります。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いというのも事実です。人が固定化しづらい環境であるために、人手不足の状況に陥っています。というワケで、医療業界は、看護師を求めている「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする状態に拍車を掛けています。

  • 『転職をしたい!』と思っていて、将来の進路がハッキリしているのなら、…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人でその意志が強いのであれば、辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ですが、ここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられます。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、手を変え人を変え、結局、半年以上にわたり辞められませんでした。辞職したいことを当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働いて退職が認められたのは同年の11月です。希望では年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りにはいきませんでした。やはり職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに会社や上司に対して呆れてしまいました。