看護婦という名前だった看護師といえば、歴史的にも女性比率が大…

以前は看護婦と言った看護師というのは資格としてどうして…

  • 昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは働く者として歴史的にも女性の割合がとても高い職種です。さらに、気力・体力の大きく消耗が激しい傾向にあります。なので、職場での人間関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産によってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスが取りづらい職業でもあります。実際、上記のような点に行き詰まり、職場を替える人がとても多い傾向にあります。人が固定化しづらい環境であるために、人手不足の状況に変わらず継続しています。というワケで、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、これが転職の希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。
  • 『なるべく早く転職したい!』という願望があって、将来の進路がハッキリしているのなら・・

  • 『転職したい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。ただし、このときに相談という形を取ると、場合によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞職することを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的にはなぜか退職を受け入れられたのは同年11月です。本当ならは仕事の落ち着いた年度末を契機にやめようとおもったのに、スムーズに退職できませんでした。やっぱり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、非常に会社や上司に対して信頼はなくなりました。
  • 看護師|仕事を探すのに、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 転職活動において、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼ることもありますが、仮にその種のところに登録した結果仕事に就くことができた場合でも、失業保険の給付を受けることはできません。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても給付されないので覚えておきましょう。これに対し、ハローワークを経て斡旋してもらって就職したのなら、就業の準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。押さえていなければ、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • 現在は、株・不動産投資などの不労所得、もしくは個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • 現在は、株式・不動産投資の不労所得で生活費を稼いだり、個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような世の中の変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といったこれまでの見解も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、どう転ぶかわからない自営業よりも雇用されて働いているほうが賢明でした。人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般常識化していました。しかし、そういった時代は終わり、現在は、「成熟期」などと言われています。近い将来では、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。
  • 職を変える際にいるビジネススーツの色合いについては…

  • 職を変える際にいるビジネススーツのカラーについては、新卒の人たちが就職活動の時に準じた色味が基本的です。要するに、紺や黒といった暗めの色合いになります。それは転職の場面であっても、スーツのカラーはこういう暗めの落ち着いた色が圧倒的に多くて、黒や紺以外の色の人はあまり見かけることはありません。強いて言えば、たまにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、割合からしても紺色や黒色が大多数を占めているのです。ですから、人事の方から見てもそういった色であるほうが普通です。ですから、見た目の印象という観点ではおすすめということになります。
  • 看護師|ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、…

  • このあいだ転職をやっとしたばかりというのに、慣れもしないあいだに退職を決断する人が思いの外よく見受けられます。たぶん気持ちも新たに、素晴らしい環境を手に入れたはずなのに「自分の思っていた職場環境と大きくかけ離れていた」「雰囲気が馴染めない」という感じで退職してしまうのじゃあないかと思います。でもこのような、転職における失敗をしないためには、初歩として、転職先の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。職場内の環境、職場独自のルール、給与体系、など事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 転職のための活動中はとにかく、まずとにかくあなたの心・・

  • 転職活動をしている最中は、常に自身の心のうちが落ち着いていることを大事にしましょう。今の会社で働きながら転職の活動をしている場合、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職の後に行うのであれば、心が焦ってしまいます。であるので、慎重に活動することを忘れないようにしましょう。今後、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そのイメージを希望する職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、落ち着いてしっかりと見極めていきましょう。しっかり考えることで転職で良い結果を出しやすくなります。