生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、「自動的にもらえる社会保障」と考えている…

はじめて「失業保険」をもらう場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人・・

  • はじめて「失業保険」をもらう場合、何もしなくても給付されると考えている人が大部分ですが、それは正しくありません。実は、失業保険をきちんと受け取るためには、職探しを行っている必要があり、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。毎月スタッフに就職活動の状況をきちんと説明して「この人は、真摯に就職活動をしているな」と認められれば、次の月の給付が行われるという仕組みです。もしも、本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席したときは、決まりとして給付してもらえなかったり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう十分気を付けましょう。
  • 今から転職活動をするのなら、良いと思う求人(または職種・・

  • 転職活動の最中、良いと思う求人(または職種)を見つけた際には逐一、「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス面について知ることは不可能です。もしブラックな面があるならネット検索でカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そういう検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、のちに痛い目にあいます。だいたい求人が出されていた理由が「内容がキツイから人が定着してくれない」というケースが少なくないのです。目に留まった案件・業種については、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。
  • 世の中は変わっていてスマホを使えばわかるけどインターネット上に…

  • とみにスマートフォンで調べればインターネットの世界では、いわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱいあったりします。自分にピッタリの転職先というのを見付けるために、とりあえず情報を集めることから始めましょう。こういう「転職サイト」をきっちり使うことで、効率的に転職先探しが可能です。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。
  • 看護師|大規模な転職エージェントほど、多種多様な案件を持って…

  • 「就職エージェント」の大手になると、多数の案件を抱えているという強みがあるといえますが、他方、転職を希望するライバルも多い可能性が高いです。そのせいかあなたが、気になる案件を探し出したとしても、転職エージェントの担当者が「可能性が薄い」と判断すると応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見て自分よりも有能だと評価されるライバルがいると、その人を優先して売り込もうとするのです。つまり大手の転職エージェントは、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱いけっこう難しいので、考えを変えて中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できないか話しをしてみると、転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも良いかもしれません。
  • 看護師|あなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に…

  • 転職をする場合、U・J・Iターンで都市部から地方に移り住んで、再就職したいと考える人が増加しています。ここ最近は転職サイトを駆使すれば、地方・郊外での求人情報にもいつでもアクセスできます。しかし、地方での求人に関しては、どうしても選択肢が限られてくるのが痛いところでもあります。ですから、求人情報サイトを使用するのは当たり前ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもしっかり確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポートの関連情報も注視しておきましょう。
  • 生まれてはじめて転職を行うにあたって、気を付けるべきことは…

  • 人生初の転職を試みる際は、心がけるべきことはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかについて明確にしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきでしょう。そして問題を解消できるであろう企業を選ぶことになります。社会人の転職活動は、学生時の就職活動とは違い、今の仕事を継続しながら就職活動を続けていくため、時間と体力とが必要だと考えられます。それゆえ理由が明確にされないまま転職しようとした場合、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動の開始はやめましょう。
  • 全くの初挑戦の分野などに転職するときには、自分の前の仕事…

  • 今まで経験したことのない業種とかに転職するときには、前職で養われた腕前や経験値が生かせるという自己アピールが必要になります。その業種に勤務したことがない人はその分だけそのジャンルで勤務したことがある方よりも事実、不足することはありますが、自らが保持しているスキルがそこで十分に生かせるということをしっかりと伝えれば、戦えることもあります。という訳で、経験したことがない業種にチャレンジするときには、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事との関係性を可能な限り考えましょう。