生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている・・

看護師|生涯初の失業保険をもらう場合、何もしなくても受け取れると思っている・・

  • 初めて「失業保険」を受けるとき、じっとしていれば受け取れると思っている人が非常に多いですが、それは誤りです。実は、失業保険の給付をもらうためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、その上で、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。月ごとにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して真剣に就職活動をしていると判断されれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。その反対に、真面目に就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度の職員との面談に顔を出さないときは、問答無用で給付の一時停止に至ったり、以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう十分気を付けましょう。

  • 転職活動をしているなら、気になる求人(もしくは職種)…

  • 転職活動をされているのなら、気になった求人(あるいは業界)があれば、絶対「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはその業界に関するマイナス面について知ることはできません。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索を活用することでカンタンに現実を知ることができます。そういう手間を惜しんで入社してしまうと、直後に後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」といったケースが多くを占めます。気になった業種について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

  • 最近PCやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界…

  • この頃はPCやスマホは便利でインターネットで見られる世界にはいわゆる「転職に関するサイト」に類するものが相当な数存在しています。サイトを見て自分にピッタリの転職先というのを見付けるためには、まずは情報を集めることです。こういうサイトをしっかり使うことで、効率的な転職先探しができます。客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、確かめてみてください。

  • 看護師|大手の「就職エージェント」ほど、多数の案件があるというメリットがありますが、…

  • 転職エージェントは大手に限って、豊富な案件を扱っている一方、あなたのように転職を希望しているライバルも多くいる可能性が高いです。それゆえあなたが、気になる案件を探し出したとしても、あなたの担当者が「転職できる見込みがない」と判断すると応募してもらえないこともよくありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。つまり大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い非常に難しいので、方針を変更して比較的規模が小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できませんか?と話しをしてみると、自分のために働きかけてくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

  • 看護師|あなたが転職しようと考えた場合に、U・J・Iター・・

  • 転職をするとき、「Uターン」「Iターン」のように、都市部から地方に移住した上で再就職したい、と考えている人が、近年増えています。近年は求人情報サイトを駆使すれば、地方や郊外での求人情報にも簡単にアクセスできます。ですが、地方での求人については、どうしても都市部よりも少ないのが正直なところといえます。といった問題があるので、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトも頻繁にチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。

  • 最初に転職を行うとき、忘れてはならないのはどうして現在の仕事を辞めたいか・・

  • 生まれてはじめて転職を行う場合、気を付けなければいけないのはなぜ現職を辞めなければいけないのかについて頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきでしょう。その上で問題を解消できる会社を決定しましょう。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、今の仕事を行いながら就職活動をしていく必要があるため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。ハッキリした理由がないまま転職をしようとしたら、途中で行き詰まってしまうことがあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいといった強い意志がないうちは、転職活動にゴーサインを出すことは待っておいたほうが良いでしょう。

  • 看護師|初挑戦の業種などに転業する際には、以前の職場で、自分が…

  • 初挑戦となる分野などに転職するときには、前の仕事で身に付けた力や経験が生きるといった内容の自己主張が必要です。経験をしたことのない業種の場合、未経験の分だけその分野で働いたことがある人よりも正直、不公平な状態になりますが、自分の持っている能力がその業種でも十分に生きるということをうまく話せれば、勝負になることも十分にあります。そのような訳で、経験が全くない業種に挑戦するときには、その分野と今まで自分が経験してきた仕事内容とのつながりを必ず探し出してみましょう。