現実に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

失業保険の給付は、職を見つけようとしているという証明が必要となります。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。でも、「会社から解放されたし、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」のが本音でしょう。ですので、しっかり次の仕事先を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。月一回のハローワークスタッフとの面談は不可避ですが、その場にて、「求人票」を閲覧することを必ず行わなければいけません。本腰を入れて探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「納得できる条件の仕事や続けられそうな仕事がありませんでした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。
  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。

  • 転職サイトに一度登録すると、電話・メールで何度も連絡が入ります。これについて「転職エージェント」の初心者の方は、大変驚く場合が少なくありません。転職エージェントは転職を後押しすることが役割だとされるので、大変積極的にかまえています。大手エージェントは、転職を完了させることによって企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。加えて、彼らは、成約数を増やしたいがために内定が取れた瞬間に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職にしくじらないように注意を払うことが大切です。
  • 転職期間ではそういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っている…

  • 転職を決めるあいだは、そんな風に過ごすつもりもないのに緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。だとしても、そんな風な生活をしないことがお勧めです。なぜかというと、だらだらと過ごす生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響があるからです。時間がたつにつれて、働く意欲がなくなり、生活ができなくなり困ってしまいます。そうして、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の職場がきちんと見つけられなくなります。再就職先を決められなくなるのは、給料を一番に考えるからです。もらえるお金を第一に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、意識して避けるようにしてください。
  • 今までは求人情報には、必要とする人材の「性別」まで書かれていました。

  • 数年前の求人情報には、募集要項の中に「性別」まで、はっきりと書かれていました。けれど今現在では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女の求人や、採用での差別をしてはならないルールとなり、応募資格に「性別」が記載されなくなりました。ですが、募集情報を出す企業は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。現実に、実は男性必要とするジャンルに、女性の応募が殺到したり、女性希望の企業に男性が応募してくる、といったトラブルも他人事ではありません。例として、「女性が活躍している職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうができます。
  • 女性が転職する際、セクハラが社会問題となっている現代・・

  • 女性が転職するに当たり、今現在と一昔前では若干、違いがあります。かつては面接の際に、未婚者なら結婚の予定など、自然に質問されることがほとんどでした。ところが、今ではその手のデリケートな内容は、セクハラに該当するとして質問しない会社の方が多くなっています。特に大企業の場合は、全面的に避ける傾向にあります。けれど実際、面接する側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その人の人生観、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいとは思うはずです。自らの将来設計を知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機とともに言い表すことで、面接官も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。質問されてない箇所についても、先にあなたから企業にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いです。
  • 看護師|転職をする場合で必ず聞かれるのが前に働いていた会社を退職した…

  • 転職をする際に面接でかなり高確率で尋ねられるのは前の職を辞職したのはなぜか、という話です。この質問が出た際には退職した会社にスポットを当てない方が安全です。前職を辞めた経緯を的に絞り話が進むとほぼ確実に良くない面を伴った話になってしまいますから。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、なぜ前職を辞めたかという点をこちらの会社になにがなんでも入りたい理由があったからといった話の中身に持っていくべきであり、今、自分が入社したい会社にスポットを当てるべきなのです。転職理由でも、そのような話ならば、悪い面ではなく良い面を押し出した前の職場を去った理由になります。
  • 看護師|転職の面接を受けに転職希望の会社へ伺いました。

  • 転職の採用面接を受けるため出向いたときのことです。その日に限って社内の面接に使える部屋がすべて他の客でつまっているということで会社外で面接官との待ち合わせをして面接を行って、その場所で解散をし、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直帰されるとのことでしたが、奇遇にも自宅の最寄駅が同じだったのです。そのため電車の中でも面接官とずっと話をしながら帰ることとなり、緊張が解けて面接しているよりもお話が弾み、それが奏功したのかなんとか採用を掴み取ることができました。