現在の仕事や職場に関して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

看護師|今現在のあなたの職場や仕事に対するほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 現在の職場や業務の中身について大半の人は不満を感じていると思います。「自分の持っている能力(スキル)を正当に評価してくれない」そして、「給与は平行線だし、レベルアップする可能性も見いだせない」と言う不満を漏らす人もいます。ですが、上記のような悩みを持っている人のなかには本人が自分自身の持っている器量を過大評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と転職がうまくいかないおそれがあります。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから転職で良い成果をあげるためにも、自身のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

  • 明日からでも転職やることに当たっては、現状の業務や仕…

  • 今からでも転職活動しようと考えるのなら、今の仕事の何に対して不満を感じているのかを洗い出しておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。そもそも気に入らないことがあるからこそ、転職しようと思っているはずです。しかし「今の職場や仕事の不満を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。その次に仕事を変えることで「今よりも不便になること」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。

  • 看護師|近年の労働環境の変移において、34歳ぐらいまでの若い…

  • 近年の会社や企業の労働環境の激しい変移をについて、全世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代は敏感に感じ取って多分、キャリアアップと転職を同時に考えているのでしょう。ですから、働き手といった労働力の「流動化」が顕著となっているので、加えて、今後、転職への関心度が増加すると予想されます。「流動化」の影響で転身することは当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には「会社を辞めて転職」をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われてそれで損してしまうこともたくさんあったようです。しかし社会の流れが変わり現在の会社に固執する意味が減少しているように感じられます。

  • 看護師|転職時、かなり要となるのが「面接」である。

  • 転職時にとても重視されるのが間違いなく「面接」である。普通の面接の際は面接担当者が当人に対して転職に至った動機などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接の終盤になると、面接希望者側からの聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当者から「我が社について何か疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人は急なことなので何も聞けなくなったりするものです。後で後悔しないためにも、面接の前には面接担当者からの問いに対し、質問の内容を用意しておくのがベストです。よく考えてみれば疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 派遣で働いています。派遣法や労働契約法のせいで残念で…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法とか労働契約法のからみで不本意ですがずっと働いた派遣先での勤務を終了しなければなりません。派遣仲間の中には、派遣で勤務している会社で直接雇用のポストをつかんだ方もいるのですが選ばれた理由としては正直なところ仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのご機嫌取りがうまくてそのおかげでお引き立てがあったとしか考えられません。業務上のスキルよりも上司に媚びる能力の方が肝心なんだねーと抜擢されなかった他の派遣の同僚と職場で愚痴る日々です。

  • 看護師|再就職の面接などの場面で名刺を渡された時、こちら側も名刺を相手…

  • 転職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出された場合、あなたも同じように名刺を相手に渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に悩んだら、ほとんどは渡す必要はないと覚えておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事の延長ではなく、職を得るための採用活動内のことです。ですからほとんどの場合は名刺をやりとりする場ではないのです。かつ、会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。したがって、もしも相手から名刺を渡さても、こちらの方は、ただ受け取るだけで大丈夫で、相手にあげる必要性はないと推測できます。

  • 安定的な生活を送ろうと正社員になりたいと思っている人は…

  • 安定を願って正規社員になりたい人はかなりいます。即戦力として働けるようにいくら頑張っても正社員としての転職活動そのものが難しいこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人があっても、正規雇用の求人以外には目もくれず応募しない人も少なくないでしょう。もしも、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員や派遣社員の求人募集も見てみましょう。契約社員募集の企業のなかには、その人の実力によって、2,3年で正社員への転換ができる可能性もあるからです。ですので面接時に「正社員登用」のチャンスの有無を訊いておくようにすれば将来設計にも役立ちます。