現在のあなたの職場や業務内容について不服に思っていることの中…

今現在の勤め先や仕事内容に対して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今現在の自らの職場・業務内容について何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自分の資格やスキルをきちんと評価してくれない」さらには、「賃金はアップしないし、出世の見込みもない」といった不満が多いように見受けられます。けれど、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自身の能力を「過大評価」している事が少なくないのです。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と転職の空白期間が長くなる可能性が高くなってしまいます。という事態を招く可能性があります。転職で好結果を出すためには、自身のスキルや能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。
  • 今からでも転職活動を考えているのなら、現状の仕事・・・

  • 今からでも転職活動を予定しているのなら、今いる業務や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満なことが限界に達しているから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと現在ある人間関係などの客観的にみた不満点を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職の失敗は防ぎやすく、成功することができると思います。
  • 看護師|このようにここ最近の企業の雇用に対する考え方の慌ただしい変移・・

  • 昨今の雇用形態の慌ただしい変移をに関して、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代は鋭敏に感じ取って、おそらく、次に備えようとしている段階のような気がします。そのため、労働者・サラリーマンといった人たちの労働市場の流動化が進行しているようで、一層、この先、世代に関わらず転職の注目が強くなっていくでしょう。労働力の「流動化」の影響で会社の転職はあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、「転職」はそのことだけで印象が悪く、転職が思うようにいかず、困っていた人もあったのです。社会が変化し今現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も薄れてきています。
  • 転職をするときに重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

  • 転職をする場合、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。ふつうの面接では、応募者に対して転職事由などいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接の終了間際に今度は、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接担当のスタッフから「何か我が社についての質問はありますか?」と言ってくれるわけです。そういった質問が来たときは、答えを用意しておらず、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。そんなときのために、面接を受ける前に面接官からの問いに対する、聞きたいことを準備しておくことをお勧めします。すべてを把握していない職場ですし、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 派遣社員として働いています。派遣法とかの関係で残念で・・

  • 派遣として働いています。労働契約法のからみで残念ながら長い期間働いた派遣先での仕事を終了しなければなりません。派遣仲間の中には、派遣先の企業で直接雇用の地位を獲得した人もいるのですが抜擢された理由としては正直仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのあしらい方がうまい人でそのおかげで採用されたみたいです。仕事を遂行する能力よりも上司に媚びるスキルの方が大切なんだねーと選考に漏れた派遣仲間の友人と勤務先で毎日愚痴を言ってます。
  • 看護師|転職の面接などの場面で名刺を渡された時、こちらとしても名刺を相手側・・

  • 転職における面接などに関してもし担当者に名刺を渡された場合、自分も同様に名刺を差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、ほとんどは差し出す必要のないもの、と頭に入れておいてください。面接というものは仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動内のことになるので、大体の場合は名刺をやりとりする場ではないのです。それに加えて、あなたは会社の人として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。そのため、もし相手側から名刺を差し出されても、あなた自身は名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側にあげる義務は少しもないと思われます。
  • 看護師|安定した生活基盤を手に入れるべく正規の社員として働くことを意識している人が…

  • 安定を送ろうと正社員として働こうと考えている人は相当数います。しかし、即戦力として働けるようにいくら努力しても、中々正社員としての転職活動そのものがうまくいかないケースも少なくないはずです。契約社員や派遣社員の求人募集があるのに正規雇用の求人募集以外は気にも留めず時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。仮にあなたが、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員や派遣社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、成果によって数年で正規雇用にステップアップを図れるようにしている所があるからです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性があるかどうかを聞いておくのも後々の役に立ちます。