派遣社員になっても1年ごとに好きなタイミングで辞められるわけではな…

看護師|派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないこ・・

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと実際に転職活動で気付かされました。結婚し、落ち着いたらなるべく早く子供が欲しかったので、その間までと思い1年半~2年だけ現在の職場で仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正規よりも年収は少なめでしたが、仕方なく家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。が、入社してみると一緒に働く方たちは大半が派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。なので派遣であってもすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、これが今の悩みになっています。

仕事を変えようとしようとしている時に閲覧する求人内…

仕事を探しているときにマークする求人情報については、目安として、アバウトに掲載されている、という可能性も少なくはありません。ですから、記載内容がすべて正確な情報だとは信じるのはやめておいたほうがよろしいかと思います。なかでも生活に大きくかかわってくる給料の金額などに関しては、平均的な値なのか?最低金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といった見解ができない人はたくさんいて自分の判断で判断してしまうと、今後、後悔することもあります。そういった訳で、悔いることのないように、募集要項は、参考程度に考えて、そういったようなたいへん重要な内容は会社に直接聞くのが良いです。

転職のために現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、…

転職するにあたって、今勤務している会社辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、仮に自らの希望によって退職届を出して退社する、いわゆる依頼退職においてはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たないともらえないのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してその結果ハローワークのスタッフと言い争っていたのを過去に見たことがあります。ですが、自己都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

看護師|もしも転職を視野に入れているなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしあなたが転職を視野に入れているなら、転職前に「資格」取得は考えておいて損はありません。また、仕事をしているあいだに資格を取得すると、転職に有効に使えるので、転職できる企業がグッと増えます。こういった理由から、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番良いタイミングです。もしあなたが未来を考え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の会社を退職後も悔やむことなく前に進めるはずです。加えて、資格を取ってからの転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接の際担当者に「即戦力」と判断され、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。

看護師|転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人…

転職で、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意して欲しいポイントが複数あります。なんとなく派遣というと、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のような業務内容をなんとなく思った人がおそらく多々ありますよね。実は私自身も今、働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けました。が、実際に入社してみると、「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役を指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明とは全く違うので日々かなりきついです。今はとにかく、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

一般的に一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、…

大半は大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職希望者には向いていません。そればかりか、都市近郊部~地方となるとそのチャンスはさらに狭まります。でも、製造業の企業においては、都市部でない地方の工業団地界隈に製造の拠点としていることも少なくありません。また、そういう地方の工場は、事業分野の拡大と並行して人員募集をすることも珍しくありません。そういった好機に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場での転職を考えているなら、希望する会社についての情報を収集しておきましょう。ホームページをチェックし、求人の予定がないか、頻繁にチェックしておくと間違いがありません。

転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

就職活動において、年収は非常に重要な要素です。面接では、必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき実際の年収を多く偽って、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、年収300万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくことをおすすめします。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのにすぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。