派遣の会社に登録しています。ウェブサイトの中で何の気なしに…

派遣会社に登録しています。ウェブサイトでなんとなく自分にぴったりの仕事…

  • 派遣の会社に登録しています。サイトの中でふとよさそうな仕事を見つけ出して確認してみると「その仕事はもうすでに他の方の採用が内定しています」という答えが返ってきて一瞬サイトからもお仕事情報がなくなるのですが、その翌日になればまた載っています。それって結局私だとダメだって意味ですよね。そういうことならば初めからプライドを傷つけない程度にはっきりと言ってほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいは偽りの仕事なのでしょうか?

  • 看護師|長い間接客業で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か立ち続ける必要のある仕…

  • 長く接客関係で務めていたのですが、歳をとると共に立った仕事は体力的にハードなため、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを志して活動しました。事務の経験がないとけっこう厳しく、接客の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと思い資格も獲得して個人の医院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜間のシフトばかりさせられ、接客業をしていた時より家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、最初はキャリア形成をするんだと腹をくくって頑張ります。

  • ほかの仕事に転職を決断するキッカケは、人によって違うはずです。

  • 看護師でありながら違う職業に転職に至る原因は、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師が他の職業への転職するには「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してから家事のことがいろいろとあって出産さらに家族の介護など、環境のいくつかの変化など、仕事が難しい」「給料に不満を感じている」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。でも、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、改めて沈着冷静に再度、現状認識をしてみることも忘れずにやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してから決断してみましょう。

  • 新たな職場にてそれまでの能力をフル活用できれば、即戦力として認識され・・

  • 新しい環境下で今までに培ってきた実力を最大限に活用できれば、即戦力となって割と早く仕事場にも馴染めるようになるでしょう。また雇い主としてもそのような即戦力は常に必要なので、時期さえあえば、すんなりと採用されるでしょう。しかも、かつての業務内容と同じ仕事内容なら転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。ですが、それなりに能力があるといっても一流企業の事務系の仕事や、公務員はいつの世でもかなりの難関であることは間違いないでしょう。

  • 転職活動中の面接では、勘違いしている人が多いのです…

  • 転職を成功させるための企業の面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりしていると、残念ながら逆効果になります。そうならないために例に挙げるならば面接時は、「有給取得率」など、多数の人がかなり質問しにくい内容を勇気を持って率直に訊いておいた方が、最終的に間違いなく自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経な質問をすることで面接で良い結果が期待できないのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。けれども相手からの印象もいいことは結果的にはいい場合が多いようです。こうした労働環境やお金に関する内容は、実際には、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。ついつい不採用を恐れるあまり、はっきりと聞けないものです。しかし、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「こいつは他と違う」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

  • 看護師|ある古物商の会社で書類選考に合格したので、先方から、面接日時を教えてもらいました。

  • ある古物商の人員募集にて、書類審査に受かったので、先方から面接日時を告げられました。だが、当日、指定場所へ行ってみると、なぜなのか相手が面接準備を全くしていませんでした。待たされたのち、所長らしき人が面接に応じてくれたものの、始終たいへんにだるそうな対応の状態のままやっとのことで面接が終了しました。でも、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、気になったので、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、そんなわけでもう一度電話をしたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用になりました」、と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、本心から、不採用で良かったと感謝しています。

  • 看護師|今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合・・

  • 年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておいた方がお得です。この手当ては現在の会社側でしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、必ずだれでももらえます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、勤めている企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れることもあります。ちなみに、支給される失業手当の金額は最後となる月の近々の給料をもとに手当の額を計算するので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。