求人関連の広告には、大部分の場合はまともな会社では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は…

求人についての情報では、たいていの株式会社では月の給与が明記されています。この月収を頭に入れる時には、深く確認する事が大事です。その額の多い少ないだけ見て納得しないようにしましょう。そのわけは案件によっては、月収の中身が「毎月10時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。残業代を入れて金額を多く見せ、応募者を増やそうとする場合もあります。そのほか、基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せているケースもあるんです。だから、こういった「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。

看護師|今の勤め先・仕事内容について不満の中に、「自分のスキルや仕事での能力…

今現在のあなたの勤め先や仕事に対する少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキルや、仕事上での能力を正当に評価してくれない」あるいは、「報酬は増えず、昇格する可能性も見いだせない」と言う不満を漏らす人もいます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分自身の本当の能力を実際よりも「過大評価」し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と再就職先がまったく見つからない可能性が高くなってしまいます。可能性も少なくありません。再就職をスムーズに行うためにも、あなた自身のスキルや能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

看護師|これから転職活動を予定しているのなら、今いる業務や仕・・

そろそろ転職することを考えているのなら、今いる業務や仕事の何が気に入らないのかを洗い出しておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満なことにガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「ちゃんと現状である職場の客観的に考えた問題なことを列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐ事が可能なはずです。

今の時代の会社や企業の労働背景の慌ただしい変移をに当たって、全世代の中…

最近の雇用事情が大きく変化したことにおいて、働きざかりの世代の中で若い人たちは鋭く感じ取って、多分、先行きを色々と考えているのでしょう。就業者の労働力の「流動化」が活性化しているので、より一層、今後、益々これらの傾向が増えていくのでしょう。「流動化」の影響で労働者の転職はあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在した頃は、転職者というと評価が下がるとも言われて転職しようにもうまくいかない人もありました。けれども、社会の流れが変わり現在の仕事に固執する意味が減少しているように感じられます。

看護師|転職する際、要となるのがまぎれもなく「面接」です。

転職する際、とても重要視されるのが「面接」というものです。よくある面接の際は当人に対して転職の動機などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして必ず、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、転職希望をする人からの逆質問というのがされるのが普通です。担当者から、「何か弊社について質問はありますか?」と聞いてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が気持ちの準備もできていないし、何も聞けなくなったりするものです。こんな場面に備えて、面接の前に面接官からの問いに対し、質問の内容を考えておきましょう。実際に働く前の段階で、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。

看護師|派遣社員として働いています。労働契約法により残念なことに…

派遣で働いています。派遣法とかの関係でやむを得ず、長期間務めていた会社での仕事があとわずかで終わります。仲間の派遣社員の中には派遣で就業している会社で直接雇用のポストを手に入れた人もいるのですが正直なところ仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司の扱い方が得意な方でそのおかげで採用された様子。業務上の能力よりも上司にゴマをするスキルの方が大切なのかなーと抜擢されなかった別の派遣の同僚と文句を言ってます。

転職での面接などの時に担当者が名刺を差し出してきた場・・

転職の面接などにおいて担当者に名刺を差し出された場合、あなたも相手の方に名刺を差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と対応の仕方に迷った場合は、大方は差し出さないもの、と考えておきましょう。転職のための面接においては仕事の延長ではなく、就職活動の一環です。ですから大体は名刺を交換する時ではないのです。それに、会社の人間としてではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。という訳で、相手側から名刺を渡されたとしても、あなたは、ただもらうだけでよくて、担当者に相手にあげることはまったくないと判断できます。