求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合…

求人関連の情報では、大部分の場合はまともな職場では月にもらえるお金が明記されています。

求人についての情報では、大部分の場合はたいていの企業では月の収入がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収を確認する時には、深く確認する事が必要です。その数字だけを見て判断しないようにしましょう。実は案件によっては、月収の額の中に月15時間残業の場合を含んでいるかもしれません。残業代の金額を含めて計算することで良い案件に見せて、人材を募集している場合もあります。このほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられます。このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は近づかないほうが良いでしょう。

今現在の自分の勤め先・仕事内容について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

現在の職場や業務内容に対して、少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自身の能力(スキル)を正確に評価してくれない」したがって、「賃金は上がらないし、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満を挙げる人が少なくありません。けれど、そういった不満を持っている人の中には、自分の本来の才能を実際よりも過大評価していることが少なくありません。もしも、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この求人では、自分を活かせない」と転職がうまくいかないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性も少なくありません。ですから再就職で好結果を出すためには、自身の能力を客観的に見つめることが大切です。

看護師|そのうち転職を希望しているのなら、今いる業務での納得いかない部分、不満に思う部分…

そのうちでも転職活動を希望しているのなら、今いる業務の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。不満があるから転職しようと思っているはずです。が、「きちんと現在の職場・業務の客観的に考えた不満なことを書き出す」ことを大半の人はやっていません。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職の失敗は未然に防ぐことが可能なはずです。

看護師|このように現代の会社や企業の労働環境が大きく変わった・・

近年の企業の雇用事情の大きな変化に際して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代ほど関心度が高いといわれています。大方、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。こういった理由からサラリーマンや労働者の労働力の流動化が進んでいるようで、それに応じて今後、益々世代に関わらず転職の関心が高まるのでは、と思います。労働市場の「流動化」が背景にあることで、転職することは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が存在したかつては、「転職」をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われて損をしてしまうこともあったようです。しかし時流が変わったせいもあり、今の会社に固執する意味も必要性もあまり無くなっているように感じます。

転職時、とても要となるのがまぎれもなく「面接」です。

転職時、とても重視されるのがまぎれもなく「面接」である。多くの場合面接の際は応募者に対し、転職の動機や仕事の意気込みなど将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして、一通りの質問と説明が終わると、今度は、転職希望者から、面接担当者へ逆質問というのがされるのが普通です。担当者から、「何か弊社に関して疑問点はありませんか?」と。そういった質問をされたとき、答えを用意しておらず、何も聞けずじまいになる可能性もあります。後々後悔しないように予め面接官からの質問を想定し、質問の内容を準備しておくことをお勧めします。冷静に考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

看護師|派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のからみで残念です…

派遣で勤務しています。労働契約法のからみで不本意にも長期間勤務していた就業先での仕事があと数か月で終わります。派遣の仲間の中には、派遣先で正規社員の地位をつかんだ方もいるのですが採用された理由としては正直なところ仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのあしらい方が得意な人でそれで採用された様子。職務を遂行する能力よりもおじさん転がし能力の方が大事なのだろうと他の派遣仲間と職場でいつも不満をたれています。

転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を手渡された・・

転職での面接などの時にもし名刺を手渡されたら、あなたも名刺を相手側に差し出すべきであるのかどうかと迷った場合は、大体の場合は渡す必要のないもの、と思っておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事ではなく、仕事を得るための採用活動の一環です。ですから基本的には名刺をやりとりする時とは異なります。さらに、会社の者としてではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。したがって、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなたは、ただもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側に渡す責任は必ずしもないと考えます。