最初に転職をする際、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかを…

看護師|生まれてはじめて転職を行うにあたって、頭に入れておくべきな・・

初めて転職する場合、忘れてはいけないのは「現在の仕事を辞めたい理由」を頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておきましょう。問題改善が可能な会社を選んでいくのです。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、今の仕事を続けながら就職活動を行っていくことから、時間と体力を消耗します。それゆえ問題の明確化ができていない状態で転職を試みた場合、途中で行き詰まってしまう場合があります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがない場合は転職活動にゴーサインを出すことは保留にしておいた方が良いです。

全くの未経験である分野などに転身を行う際は、以前の仕事で、自…

経験したことがない分野などに転身したいと思っている場合には、前の仕事で、自分が育んできたスキルや今まで経験したことを発揮できるという自己アピールが必要になります。その分野の未経験者は未経験の分その分野で今まで働いてきた人たちよりも不公平な状態になりますが、自らの持っているスキルがその場でも十分に生かすことができるということをしっかりと話せれば、戦える場合も多くあります。以上のことを踏まえ経験が全然ない業種にチャレンジするときには、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事との関係性を徹底的に探しましょう。

看護師|転職活動をする際に注意したほうがよい募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで・・

転職するため仕事探しをするときに特に注意が必要な求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めであるというものです。このような求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースがたいへん多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間や45時間といった形で(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料形態に残業代を含んでおくということです。(ちなみに、これは合法です)もしも『みなし残業代25時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料になります」という話になります。が、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を表記していない場合もあるので、よく気を付けてください。

看護師|私たちの社会的環境において、将来、より一層簡単な作業・・

将来、私たちの社会的環境において段々と考えなくてもできる労働は機械に変換されて当然のことながらそういう仕事をするマンパワーはどう考えても削減されます。そのワケは、短絡的な作業という観点では人より機械でやったほうが数段に分があるからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。人と違って愚痴は言わないし、疲れ知らず、適当にすることもないし、正確に作業してくれますし、それを均一化できます。また、人と違って給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。ですので、労働力として人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化の流れは無理もありません。

転職活動をしていて面接時にほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。

転職活動を行っていて面接で間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これと違って転職理由について率直に話すのは問題です。給与の不満、同僚・上司との人間関係など、そういった話をしても、あなたの印象は良くはなりません。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。さらに、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったようにうまく話をすり替えましょう。

看護師|転職先で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。

転職したい会社の会社見学は、すごく参考になります。そういった会社のなかでも、職人さんのいる会社では職人技を近くで見られるので楽しくなります。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者には高確率で、いつも通りの現場を見せることはまずありません。例を挙げると「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。個人のアクが出やすい業種なので、入社後でないと、本来の姿はみえないものです。ですから、見学内容イコール仕事現場、と解釈しないことがとても賢明です。ましてや、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は危険ですし、選択肢に入れるのはおすすめしません。正規雇用が結ばれていない場合、もし問題が起きたとしても、保証も一切ないので、スタッフから勧められても丁寧に断るのが無難です。

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。忙しく仕事をしながら求人情報をチェックしながら応募したり、面接に行くのは精神も肉体も負担が大きいといえるでしょう。現職の同僚・上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をパスし、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ貴重な時間をムダにしかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しておきましょう。