昨今では、株・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだ・・

看護師|昨今では、株・不動産投資などの不労所得、もしくは独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

ここ最近は、株式・不動産投資などの不労所得、または個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような社会的変化に伴い、会社勤めだけが世の習いといった今までの常識も変わってきています。高度経済成長の頃の際には、将来的に不安定な株式投資や自営業者よりも組織の一員であるほうがはるかに安定性があり、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されていた。しかし、そんな時代は終わり、現在は、「成熟期」という風にもいうらしいです。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

転職時の面接で着用するビジネススーツの色合いについては・・

転職時の面接でいるビジネススーツのカラーは、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付ける色味が基本となっています。言い換えると、黒や紺のような落ち着いた色味、ということになります。再就職のケースでも、ビジネススーツのカラーというのは新卒の就活の時のようなダークカラーが圧倒的に多くて、黒や紺以外の色の人は圧倒的に少ないです。その他の色で言えば、グレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいです。たいていの場合は紺系や黒系がほとんどです。ですから、人事部から見てもそういった色であるほうが自然です。ですから、見た目の印象という点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

看護師|少し前に転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず…

この前、転職したばかりであるにも関わらず、あっという間に辞めてしまう人というのもけっこう多いといいます。何故そうなるのかと考えてみると私の思うところをいうと新たな気持で自分に合った会社を見つけたというのに、「自分自身の想像していた職場と大きくギャップがあって幻滅した」「職場が受け入れられなかった」というワケで退職してしまうのだとか。可能ならこのような、転職における失敗をしないためには、まずは前もっての情報収集を欠かせません。職場内の環境、業務におけるルール、給与システム、などいろいろ調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

転職活動をしているときは、ゼッタイに自身の心のう…

転職のための活動中はとにかく、必ず自分の内心が急がないことを意識したいものです。まだ会社を辞めないで転職をする活動では、あまり気にしなくても良いとは思いますが、退職後にするのだったら、やはり焦りが出てしまいます。なので、気持ちを抑えつつ、活動してみましょう。自身でやってみたい仕事や、理想と思える職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、しっかり、冷静に考えてみてください。この手間を掛けることで転職で良い結果を出しやすくなります。

看護師|転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

転職時の面接の際に面接担当から「転職の理由は何ですか?」といった形で、ほぼ訊かれます。このときに、いかなる事情があったにせよ、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」に関しての不満を絡めた内容などは、出来るだけしないことをお勧めします。なぜかというと、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスを棒に振ってしまいかねません。そのため面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが大事です。本当の理由でなくとも、「新しい職場ではより一層キャリアを生かせられるように、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といったような未来志向での返答が好印象となります。

看護師|転職先を考えるにあたって、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも重要だ・・

転職にあたっては、当然やりがいのある仕事をすることも大事だけど加えて年収アップも重要なポイントになるから「年収サイト」というサイトに登録して事前に調べています。同じ会社でその上全く一緒の職種、経歴であるにも関わらず人によってすごく違いがある場合も多くて、ぶっちゃけて言えば面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物について誰なのかそこそこ予測はついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

日本には古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでなくなっています。そうではあるものの、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、やたらと職を変えようとするのはキケンです。再就職しようと考える場合、大切なのはタイミングです。ますはじめに、今現在の職場、仕事について具体的に、不服に思う点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目はリストアップしてみてください。この作業が、将来の再就職に役立ちます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、先るだけ迅速に、今より良い職を手に入れるべく努力することも大切です。