昔の求人誌では、募集条件の中に「性別」について、きちんと明記されていました。

今までの求人情報に雇用側が求める人材の「性別」がもれなく記載されていました。

  • 今までは求人情報には、雇用側が必要とする「性別」について、書かれているのが普通でした。けれど最近では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用時、男女の差別をないようにしないといけない事となり、求人情報の詳細に男女の性別を記載しないようになりました。ですが、求人側は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。実際、本当は男手を希望の会社に女性の応募が殺到したり、逆に女性希望なのに、男性がエントリーしてきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。もし、「女性が活躍できる職場です」と記載があれば、会社側が「女性」を必要としている、と考えたほうが良いでしょう。
  • 女性が転職する場合、数年前と今日とでは少なからず、変化が見受けられます。

  • 女性の転職に関しては、数年前と今現在とは少なからず、違いがあります。かつては面接の場で、「結婚の予定」や「出産後の予定」について一般的なこととして女性たちへ質問していたのですが、今ではその手のデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない会社が増えています。世間に名の知れた大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。けれど実際、面接する側は〇か×といった形ではなく、その人が、結婚した後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを把握しておきたいとは思うはずです。あなたの人生設計をわかってもらうためにも、自己PRや志望の動機と一緒に表現することで、企業側も考えがわかり、また、疑問も解消できると考えられます。ですから、質問されていない箇所もあなたが先んじて気遣いつつ、答えておくのが良いです。
  • 看護師|転職の面接でほぼ質問されるのが前に働いていた会社を退職・・

  • 転職時の面接でほぼ絶対に聞かれるのが会社を退職したのはどうしてなのか、という話です。この質問になった時には話題の中心を退職した会社からそらしたほうが無難です。前職を辞めるに至った経緯に焦点を当てると必然的に悪い面を含んだ内容になってしまいます。どういう風に話せばいいかと言えば、どうして前の職場を退職したかという点をこの会社になにがなんでも入りたいという考えがあったからという話にするべきであり、自己アピールもかねて今、自分が入社したい会社の方に焦点をもっていくべきなのです。面接を行っている会社の話であればマイナス面を消し好印象の前職を辞めた理由に聞こえます。
  • 転職時の面接に希望先の会社へ向かいました。

  • 転職時の面接に出向いたときのことです。たまたまその会社にある会議室が空いていないとのことで会社の外で面接官と待ち合わせをして採用面接をして、その場で解散をし、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、驚くことに自宅からの最寄駅が同じ。結局は電車の中においても面接を行った人と一緒にお話をしながら帰ることになって、その結果緊張が解け面接よりお話が弾んで、それが原因か無事に採用をゲットすることができました。
  • 求人をチェックする際、「デスクワークがしたい」という人ほ・・

  • 求人誌をチェックする時、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業に目を通さない人がいます。そういった人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と間違って理解しているケースもあります。現に、製造業での求人でも、現場作業者だけでなく、人事・総務・経理と言ったスタッフや資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部署も相当数あります。けれども、製造業の勤務場所自体、オフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、それが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、ですが、自らの執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向く際に・・

  • クールビズで転職の面接を受けに行く際には、いくらなんでジャケットまでは着ていかなくて良いと間違いなくわかるのですが、ネクタイはしておいた方がイメージが悪くなりません。タイなしで大丈夫だと考えている会社もある確率もあるにはあります。ですが、ことネクタイだけはクールビズであっても必ず着用しければならないとしているところがあります。そのような訳で、例えクールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイは必ず着用していった方が安心だということは分かっておいてほしいです。
  • 看護師|近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。

  • 最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。「特許」を出すと、電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許申請を行った人以外にも、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われることを言われた際には、そういったことが無かったか思い出してみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求してくる業者もありますが、その手の会社はおそらくは嘘ですから騙されてはいけません。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。