明日からでも転職活動を考えているのなら、今現在の職場や…

いよいよ転職活動しようと思うのなら、直近の仕事での不満に思う部分・・

明日からでも転職することを予定しているのなら、現在の業務や業務での納得いかない部分、不満に思う部分を明確にしておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満にガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。が、「しっかりと現状の会社の問題な点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。なぜなら、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を抑えることはできます。

このように現在の雇用形態のめまぐるしい変化において、社会人の中・・

昨今の企業の労働環境の慌ただしい変化に際して、若い人たちが特に関心を持って見ているようです。おそらくは、将来のキャリアアップのために、色々と思案しているのでしょう。ですので、就業者の労働力の流動化が進行しているようで、一層、この先、若い世代の転職への関心度が増加すると思われます。「流動化」が背景にあることで、一つの会社に縛られない生き方はあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が機能していた頃には「転職」はそれだけで若干ネガティブなイメージがあり、損をしてしまうことも多くあったようです。しかしながら、時代の変化もあり、ずっと同じ会社に勤める意味もあまりなくなったように思います。

再就職をするときに比較的要となるのが間違いなく「面接」です。

転職する際、要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。大半、面接では面接官が応募者に対し、転職事由や仕事の意気込みなどさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして、面接を終えるあたりで今度は、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「何か弊社について疑問に感じることはありませんか?」と。そういった質問をされたとき、気持ちの準備ができず、アタフタしてしまうかもしれません。こんな場面に備えて、事前に面接担当者からの質問に対する、質問の内容を考えておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

看護師|派遣として勤務しています。労働契約法の関連で不本意に・・

派遣というかたちで働いています。派遣法や労働契約法のおかげで残念ながらずっと働いた就業先での就業を終了しなければなりません。仲間の派遣社員の中には派遣で就業している会社で正規社員としての契約をゲットした人もいるのですが抜擢された理由としては正直なところ仕事の能力とは関係なく派遣先上司の扱い方が得意な方でそのおかげでで採用された模様。業務上のスキルよりおじさんに媚びる能力の方が重要なのかなーと選考に漏れた別の派遣の仲間と勤務先で不満をたれる日々です。

再就職における面接などに関して担当者が名刺を渡してきた場合、…

再就職での面接などの時に担当者に名刺を差し出された場合、自分も相手の方に名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に迷った場合は、ほとんどは渡す必要のないもの、と覚えておきましょう。転職のための面接は仕事内のことではなくて、職に就くための採用活動の一環なので、普通一般的には名刺を交換する場とは異なります。そのうえ、あなたは立場上会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。という訳で、相手から名刺を渡されたとしても、あなたのほうは、ただ受け取るだけで大丈夫で、相手側に渡す責任は必ずしもないと推測できます。

看護師|安定した暮らしを手に入れるために正社員として働くことを意識している人が…

安定を希望して正社員として働きたいと考えている人は結構多いと思います。ですが、即戦力として働けるようにいくら努力しても、中々正社員としての転職活動そのものが叶えられないこともあります。契約社員や派遣社員の求人があっても、正社員の求人募集以外はそっちのけで時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。万一中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、契約社員や派遣社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員の募集を掛けている企業でも、その人の手腕によって、数年で正規雇用への転身を狙える可能性もあるからです。面接を受ける際に、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを尋ねておけば、将来のプランも組みやすくなります。

転職前、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう…

再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が一変するかもしれません。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。また、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽率に転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。そのような状態を回避するため、現在の職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い状態をギリギリまで維持したまま、最高の形で会社を退職できるはずです。そして、円満退職になれば、転職後も、相談にのってもらえる機会も出来ます。会社の大きさに関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりが重視されるので、辞める前のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。