日本には昔から”石の上にも3年”という教訓があります。

昔から日本には「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。現在、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのはとても身近なものになってきました。でも、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に転職を検討する際は、タイミングを図る必要があります。はじめに、今現在の職場、仕事内容について全般的に、嫌だと強く感じていることを、箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は箇条書きにしてみましょう。この作業が、転職に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、先るだけ迅速に、よりも良い仕事ができるよう、頑張っていきましょう。

看護師|私は20代の時点で転職を2回し、現在、資格の勉強をしながら、…

私は20代の時点で転職を2回し、現在は資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。常勤での勤務ではないため、毎月の収入は安くなりました。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生のうちに資格を手に入れて、就職できれば良かったのに、とは思います。また、身近にそういった人を見てしまうと羨ましく感じてしまいます。昔の私は、成功している人と自分とのギャップに悩んでしまう日もありました。しかし、結婚を契機に私の生活そのものが大きく変化し前よりも将来の目標も決まり、しあわせな生活を送れるようになりました。

シフトがある仕事についての話です。

シフトの仕事についての話です。毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人をよく見るのですが、シフトの出し方や休み方について、面接の際にチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、以前に私自身が、出産のため抜けた人の代役として、正社員として入社したのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前にいた人が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。なので「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと腹が立ってきます。

転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものより…

転職活動といえば、希望している企業そのものより、どっちかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、第一歩として面接だからといって焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例を挙げると女性とお見合いをする気持ちで望むと緊張がとけるかもしれません。面接によってもっとも最初にあなたの「人間性」を判断してもらうので悪い評価になるような身なりは気をつけて避けましょう。またモラルある社会人らしい綺麗に整った服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

看護師|転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動するといった方法は最近人気です。

転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動を行うことは常識になりつつあります。だとしても、転職活動の成果をもっと高めたいなら、その上に転職フェアの利用がおすすめです。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、そこに足を運べばいろんな企業について知ることができますし、加えて、フェアに参加している企業スタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。もしも、転職フェアに参加しようと思うなら、1次面接を受けにいくつもりで自身をアピールする場と思っておきましょう。それによりフェアの最中に企業側から魅力的な人材、と思われれば、後に応募して採用面接でかなり有利になると期待できます。

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎた・・

派遣社員であっても、すぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動したことで思い知らされました。私は結婚生活が落ちついたら、なるべく早く子育てに取り組みたかったので、それまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい今の職場で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員としてだったので、年収は安かったですが仕方ないので派遣社員という道を選びました。ですが、入社してみたら、一緒に働いている人たちは大多数が10年、15年と続けていらっしゃったのです。結論として派遣であっても期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

仕事を探しているときに気にかける募集内容に関して…

再就職をする際にチェックすることになる仕事の情報というのは、参考程度に、アバウトに載せている、ということもあり得ます。ですから、そこに書かれていることは何もかもが正確なことだとは迂闊に信頼すのはやめておいたほうが好ましいと言えます。その中でも特に報酬においては社員を平均した額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高額なのか?という判断ができない場合が多く、自分判断でとらえてしまうと、今後、後悔することになる事も少なくありません。ですので、嫌な思いをすることになる前に、募集内容の情報というのは、目安だと思って、そういったようなたいへん大切な事は会社に直に確かめてみた方が好ましいでしょう。