新卒で採用された会社ですぐにきれる上司に悩みを抱えて…

看護師|就業していた会社で感じの悪い上司に嫌な気分にさせられ…

在職していた会社で嫌な感じの上司に心をすり減らし、とうとうとてもやってられないと思いその会社を辞め、他の同業者の企業に移りました。転職先の会社では居心地よく勤務することができ本当に満足のいく毎日でしたが、月日の経過とともに会社の業績が落ち込み、ついには経営統合されることになりました。ところが経営統合したのは驚くなかれ以前働いていた会社で、その上反りが合わない上司が再度私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょう。当たり前ですが新たなる転職活動を始動しています。

再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくだ・・

転職の面接での身なりはクールビズでも大丈夫ですよと記載されているケースもあるようです。ですが、クールビズで行くのは駄目なのでは?と思ってしまいます。そのような思いを懐に持っている人に伝えたいのは、企業側からクールビズを指定されたのであれば、言われた内容を素直に聞き入れるほうが堅いです。迷ってしまい、明らかに暑い時期にびしっとスーツを着込んでいくと逆に不自然ですから、クールビズ可と記載されていたらクールビズで構わないのです。

後悔しない転職するとを目指すのなら、あらかじめ、情報収集をしておきましょう。

満足できる転職を希望しているのなら、最初から行動をするようにしましょう。そうするには今は会社の名前も知らないような中小零細企業だとしてもHPが用意されている場合がたいていだから、インターネットの機能を活用して自分が気になる点をチェックしておくとまたその企業のわからないことを整理しておくと転職に役立つはずです。さらに公式サイトのほかに、「転職サイト」にログインするのも良いかもしれません。そのほか、インターネット以外の方法としてその職場を自ら確かめることも大事なことです。

看護師|転職後は、高い確率で前の仕事の記憶は美化されます。

転職すると、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事は記憶は大方、美化されます。実のところ現在の職に満足できないから、次の仕事を見つけて思い切って退職を決め、転職することになったのに、過去を振り返るとどういうわけか新しい会社よりも「前職のほうが心地良かった」と感じる機会が増えてきます。それというのは無理はなく、前職は日々の仕事の勝手がわかっているので普通に毎日の仕事もあっさりと消化できていたのももっとも根底にあるでしょう。ところが、「やっぱり退職するんじゃなかった」と真剣に後悔するほど、前の会社のほうが職場の雰囲気や職場環境も良い場合もあります。

自分の大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私は、もともと食べることが好きで以前は、飲食店(レストラン)で勤務していました。そのレストランでの業務は、そのお店で私が担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係のいざこざに疲れてしまったのです。ということが引き金になり、退職する羽目になりましたが、同時に、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物すら嫌いになり、同ジャンルの飲食店はしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、それを実現させることは素敵なことですが、しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり向き合ってから行動するべきです。

看護師|転職活動をしたとしても、理想通りの成果があがるワケではありません。

再就職を考えたとしても、あらゆることが首尾よく運ぶという保証はありません。どうせするなら、いつか転職するつもりならあなた自身が若いうちになるべく早く転職を試みるべきでしょう。平均としてみると、20代のうちはかなり有利ですが、30代後半~40代を迎えると転職活動は、難しくなるのが普通です。重要な役職に就いているのなら、転職の意識が強くなっていても今の会社に籍を置くことも選択肢に入れておくべきです。ようするに、退職後に転職活動をするよりも、今の会社での仕事を続けながら、時間をかけて注意深く行動したほうが賢明といえます。

看護師|今励んでいる転職する活動をしているときに、「かつて・・

今がんばっている転職活動中に、「自分は経験としてこのような種類の仕事に従事しました」「仕事の中でこういったスキルを身につけることができました」と過去の実績などを強調してアピールする人はかなり多いです。ところが、希望する再スタートを狙う組織で「近いうちにこのようなことをしてみたい」「このような内容の仕事をするのならぜひ貢献できるに違いない」と未来の展望を話して自分自身をアピールする方がはるかに効果的だったりします。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。