新卒で入社した会社を辞めて、心を改めて転職を決意しました。

看護師|新卒で入社した会社を辞めて、転職した経験があります。

新卒採用で入った会社を辞めて、転職を決意しました。会社を辞めて転職活動するときは、かなり将来が不安でした。しかし、会社をわずか数年で辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを私自身が転職したことで学び、無意識のうちに漠然とした不安が無くなりました。また転職を経験するとふしぎなことに前向きに物事を考えるようになって、「自分のやりたいこと」が再確認できて毎日が楽しくなりました。やはり「仕事を変えるのは良いことじゃない」という考えの方も、もちろんいますが、それが正しいのかなと思いました。私の場合は転職を経験して良かったと思います。

今と違った職場につきたいと転職をする活動をしている場…

新しい職場がいいと転職活動をするときの場合には「1日も早く、採用通知を手にしたい」と思ってしまいがちです。ただ、そのために吉報を欲しいあまり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいは反対に自分を安売りするようなことは、できるだけ止めておきましょう。焦燥感をこらえて、冷静に、そして客観的に、自分に最適の職場を見つけることに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を選択してみましょう。

看護師|万一あなたが、転身を決定したなら、周りにその意思がばれないよう・・

万一転身を決定したなら、徹底的に会社の人にはその意思がばれないように、うまく転職活動していき、転職先が決まらないうちは、会社内の人に悟られないよう普通に仕事をするのがたいへんいいです。その状態でいれば、もしもいい働き先が容易に見つからなくても、転身予定を延ばしつつ、現職にし続けても何ら問題がありません。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、周りはその言葉に合わせた動きを取ります。それに会社内で「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲からは「あの人は辞める人」という位置付けになります。しかし、転職の気持ちが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」ということで仕事を続けている限りは、肩身の狭い思いををするかもしれません。

昨日人材バンクへ登録をしに行きました。

この前転職のために人材紹介会社へ登録に向かいました。登録するときのカウンセリングの時に現れた担当者の雰囲気が見たところ入社間もない新入社員のようで、私が伝えたいことの5割もわかっていない感じ。しかも「キャリアデザインが甘いですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化することが重要でしょう」とか、一丁前のことを偉そうに言うからすっごく不快でした。カウンセラーはそれなりにカウンセリングのスキルがある人にしてほしいです。

看護師|転職というものを考える際、その職場の自身の給与を過剰に気にする人…

転職しようと考えたとき、転職後の給料について気にしすぎる人がとてもいるでしょう。大多数は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を得るべく精を出しているのはずです。年収の額は自分自身の評価という見方もできるから、当然大切なことは否定できません。ですが、必要である以上に年収というものに執着しすぎるのも考え気がするでしょう。それより年収に反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。

転職の際に絶対に準備する必要のある履歴書などにおいては…

転職をしようとする場合、絶対に準備する履歴書についてですが、ほとんどは自筆ではなく、パソコンを用いて作成するのが普通です。日本においては履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで作成するということが普通だと思われていることも多々あるようですが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトに関してであって、実は、転職においては履歴書や職務経歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとはっきり言うことはできないのです。自筆の履歴書の方を高く評価するところもありますけど、そうではない場合がずっと多くなってきていますから、パソコンを使って作った履歴書や職務経歴書でもOKな場合は意外にもかなりあるのです。

今の自分のスキルをふまえて転職をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい職…

あなたが持つ現在のスキルや資格を活かしつつ、就職活動を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と比較的、再就職が難しいジャンルがある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職がしやすい業界としては、常に人手不足になっている医療や介護系の仕事が代表的といえます。医療・介護の分野ではそれぞれ看護師・介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今、医療や介護の現場で働いている人が、仕事に対しての不満によって、異業種に再就職したいと思っているなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、人材の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。したがって、簡単に考えない事が必要です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけましょう。