数ヶ月ほどまえに、転職したばかりであるにも関わらず…

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりというのに・・

  • 3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、早期に退職を決意してしまう人がずいぶん多いものです。何故かと思うと私の考えでは新たな気持で自分に合った環境を手に入れたはずなのに「期待していた職場環境とかなりかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」と考えて去っていくことが珍しくないといいます。こういった転職における失敗を未然に防ぐためには、初歩として、前もっての情報収集を欠かせません。職場内の環境、職場独自のルール、通勤にかかる時間、などいろいろチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

    看護師|転職をするための活動中はとにかく、最初に何よりもあなた・・

  • 転職のための活動をしているときは、なにはともあれ何よりも自分自身の心が沈着であるということをとても忘れないようにしたいものです。まだ会社を辞めないで転職のための活動される場合は、あんまり気にしなくても良いですが、退職後にする場合にはやはり心のうちが焦燥感が出てしまいがちです。その点を踏まえ、冷静に活動を続けましょう。今後、自分がやってみたい業務や、思い描く理想の職場などを明瞭化しておきましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、合致しているかを再度、冷静になって見極めていきましょう。しっかり考えることで良い転職先が見つかりやすくなります。

    転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接官から「転職理由をお聞かせください」と聞かれることは間違いありません。そのとき、どれだけあなたが正しくとも、前の仕事場での人間関係や働く環境が悪かったという返しは、できるだけ避けましょう。仮にそういった不満を回答すると、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。ですから面接時には前向きな発言がとても大事で、本当の理由でなくとも、「新しい職場で、自身のキャリアをしっかり生かし、会社の成長をサポートできればと思っています。」のように将来を見据えた受け答えが重要です。

    転職をするにあたって、仕事のやりがいのアップと一…

  • 転職ならば、むろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけどさらに収入が上がることも大事なポイントですから「年収サイト」というサイトに登録して事前に調べています。全く同じ会社で全く同じ職種、経歴なのに人によって広い違いがあることも複数あり、正直に言うと面接の際質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトをチェックしていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人物も誰だろうとある程度察しがついてるのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の年収で心づもりしといてください」とのことでした。

    古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが・・

  • 日本には”石の上にも3年”という教えがあります。現在、「終身雇用制度」は衰退してきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。が、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に転職するにはタイミングを捉える必要があります。はじめに、現在の職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を感じる点を約10項目箇条書きにしてみましょう。そうすることで、再就職を決断することです、そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、先るだけ迅速に、今より良い仕事ができるように努力することも大切です。

    看護師|20代までに転職2回で、そして現在、資格を取る目的で…

  • 20代のうちに転職を2回経験し、今現在はいくつか資格を取得するため、派遣社員になりました。常勤の勤務とは違うので毎月の収入は安くなりました。しかしその分、以前より心と時間に余裕ができました。学生のときに資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。実際に、そういった人を見る度、無性に羨ましく感じてしまいます。前までは、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、落ち込むこともありました。しかし現在では、結婚して私の生活環境もかなり変わり、やりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、自ずと生活が充実するようになりました。

    看護師|これはシフトの仕事についてです。

  • これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人をよく目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方を前もってチェックしておくべきです。それはなぜかというと、前に私は産休で休む人の代わりに正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った女性が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を1人の人に任せるって・・・思い返すと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。