就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接時には、必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。今の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはまずあり得ません。現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが無難です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職に追いやられる事態になるおそれもあるので、注意しましょう。

  • 看護師|生まれて初めて失業保険をもらう場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、じっとしていれば給付されると思っている人が大半ですが、それは誤解です。現実には、受け取るためには、「就職活動」をしていないと駄目で、それに加えて、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月スパンでハローワーク職員との面談を経て、きちんと仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。仮に、きちんと就職活動をしていないと思われたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、決まりとして給付を一時停止したり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、注意しておきましょう。

  • 看護師|転職活動をされているのなら、気になった求人(または業種・・

  • 将来転職活動をするのなら、気になる求人(または職種)を見つけたときに必ず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界のデメリットなどは、知ることができる確率は低いです。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索を通じて一発で本来の姿を理解できるでしょう。そのようなチェックを怠りながら入社した場合、あとでしっぺ返しを食らう可能性が高いです。その求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイからなかなか人が定着しない」という場合が少なくないのです。興味をもった案件や業種については、注意したほうが良いでしょう。

  • 最近はPCは便利でネットで見られる世界では今では「転職に役に立つサイト」に類するもの…

  • どうもPCは便利でインターネットで見られる世界には要するに「転職サイト」に類するものが多くて困るくらいいっぱいあったりします。サイトから自分にピッタリの転職先を見つけるには最初は情報収集が必要です。こういう転職サイトを上手く使うことで、効率的な転職が実現します。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

  • 大手転職エージェントに限って、様々な案件を抱えてい…

  • 就職エージェントの大手に限って、多数の案件があるという魅力がありますが、しかし、同時に転職を希望する競合者も大勢います。それゆえあなたが気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当スタッフが見込みが少ないと判断すると応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見て自分より高く評価される人がいれば、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。このように大手エージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っており意外と駄目で、考えを変えて少し規模の小さなエージェントに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないか、と相談しておくと転職希望者のために働きかけてくれることもあるので、そのような活用法もあります。

  • 再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」におい…

  • 再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」にて大都市から地方に移って再就職したいと考える人も多いです。近年は求人情報サイトを使えば、郊外や地方の求人もカンタンにアクセスできるようになりました。残念ながら地方や郊外での求人情報は、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないので、それがマイナスといえます。したがって求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも定期的に確認し、「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する就業サポートのイベントにも見逃しがないようにしましょう。

  • 看護師|生まれてはじめて転職を行う際、頭に入れておくべきな…

  • 人生初の転職を行う際、気を付けるべきことは現職を辞めたい理由をクリアにしておく必要があります。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきです。問題改善が見込める会社を決めるのです。卒業してからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を継続しながら就職活動を続けていくので、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。だからこそ明確な理由もない状態で転職をしようとしたら、目標の途中で息切れしてしまいます。何とか転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがなければ、転職活動をスタートするのは待っておいたほうが良いでしょう。