就職のため仕事探しをするときに気を付けて欲しい求人情報は…

看護師|転職活動に注意が必要な求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよく、…

  • 就職のため仕事探しをするときに特に注意したほうがよい求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長いというものです。こういった求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が少なくありません。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間とか45時間というように求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料に残業代を組み込むというシステムになります。(ちなみに、これは合法です)もし求人に『みなし残業代50時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」という意味になります。ただし、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』をわざと記載していない場合もあるので、しっかり注意をしておきましょう。
  • 看護師|将来的に、どんどんシンプルな労働は機械化が進んでいき・・

  • 将来的に、労働力という観点において一段と思考を必要としない作業は機械に入れ替わり当然の結果としてそういう仕事をする労働人口は少なからず減少していきます。シンプルな労働という観点では人間の手を借りるよりも機械で進めたほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。例えば、数を数えたり同一の動作を延々と反復したりすることは機械では当然何の苦もありません。人と違って泣き言は言わないし、疲れないし、適当にすることもないし、正確に作業してくれますし、均一にこなせます。さらには、給与が発生しないのも大きな違いといえます。労働力として生身の人間を使う意味が無いので機械にシフトされるもの自然の流れなのです。
  • 転職活動を行っていて面接で間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動で面接において間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、これとは違い転職理由について率直に話すのは問題です。例をあげれば給与の不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、採用担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、この会社に入社してこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。
  • 転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社で会社見学などがあれば、すごく勉強になります。そのなかでも職人さんのいる会社では職人技を間近で見られて楽しくなります。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、いつもの姿を見せてはくれません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。個人のプライドも高い業種なので、実際に働きだしてからでないと、本来の姿はみえません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと考えないことが賢明です。さらに、見学時に実際に仕事を体験させる会社は、倫理的にアウトですし、言語道断といえます。雇用契約を結んでいない人には万が一問題が発生したとしても、保証などありません。担当者から勧められても丁重に断るのが無難です。
  • 転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。ただ、忙しく仕事を行いつつ求人を見て、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神面も肉体面もきついものがありますよね。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、そうした場合に書類選考が通り面接が決定した後で辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。新卒の就活とは全くことなることを意識を持つことが大切です。
  • 転職活動をする際、いろんな手段で情報を集めるのが通常だと思います…

  • 転職活動を開始する際、いろんな手段で情報を収集することが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。でも、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではいけないと考え、早く火消ししなくては!」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上が原因で有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、その分トラブルに遭遇する心配をしなければいけないと判断して良いでしょう。何より、善良な会社だったら煙なんて立ちません。
  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。

  • 退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面を鍛えることができます。その行動とは、海外に行くことです。海外は、文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、刺激を受けることばかりです。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国すると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。その気持ちを携え、面接に向かうと、今までの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはずです。しかし、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いので休業期間も必要です。