就労中は可能なかぎり同僚にバレないように(ちなみに私自身のと・・

就労であるのなら、できるだけ会社内の人に悟られないよう、…

  • 就労中には、なるべく周りの人間にバレないよう(自身の経験談ですが)在職中に転職したいという意図のみをはじめのうちに同僚に言ってみたことがありました。ですが、その後に転職情報を散々見て回ったものの、就職するタイミングも計画も立てずに煮詰まっていないまま知らぬ間に時間がムダになるだけでした。そして一方、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したあとで、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

  • 人からの紹介を通じて転職の先を探すこともあるでしょう。

  • 友人や知人の紹介で転職先を見付ける人がいます。ですが、労働環境やその他の労働条件といった部分について友人からの口コミだけをあまり信用しすぎると問題になることが多いです。口コミである以上、一人の個人による口コミ情報はどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。要するに友人にとっては、居心地の良い職場環境に映っても、あなたにとってはイライラするだけの環境なのかもしれません。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、しっかり自分の目でチェックしておくようにしましょう。

  • その昔は看護婦と呼んでいた看護師は働く者として歴史的にも…

  • その昔は看護婦と呼んでいた看護師といえば、歴史的にも女性の割合がとても大きい職場です。加えて、気力だけでなく体力のかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。したがって職場環境での人間関係の問題や、結婚や出産などのイベントで仕事と私生活との両立がかなり取りづらい業種ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。常に各病院は、看護師を募集する「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たない状況となっています。

  • 看護師|『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで…

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、すぐに上司にそのことを伝えるべきです。相談という形で話せば状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職することをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。希望ではちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。スムーズにはいきませんでした。会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと前の会社に対しての困ってしまいました。

  • 看護師|転職時、インターネットでのエージェントのお世話になる場合もあります…

  • 就職活動には、ネットでのエージェントのお世話になる場合もあるでしょうが、もしもそのようなところに登録して職を得ることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」にて手続きしないことには失業保険をもらうことはできないので気を付けるべきです。なお、「ハローワーク」によって斡旋された会社に就業したときは、就職のための必要なものを揃えるための一時金を得ることができます。ネット上のエージェントは、私的機関です。単に彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは取ってくれません。このような点を無視していると、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

  • 近年では、株・不動産投資などといった不労所得で稼いだ・・

  • 昨今では、株・不動産投資といった、不労所得のほか、個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような変化もあり、「起業することは怖い」といった考えも過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長期には自営業者よりも雇われているほうが将来が安定していて、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていた。しかし、そんな時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」という風にも言われています。将来は、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

  • 看護師|職を変える際にいるビジネススーツの色に関しては、新卒の就職活…

  • 転職時の面接でいるスーツの色味については、新卒の就職活動の際に準じた色合いが基本的です。ということは、紺や黒といった暗めの色合い、ということになります。それは再就職のケースにおいても、着用するスーツの色合いは新卒の就活の時のようなダークカラーが多数派になっており、黒や紺以外の色の転職者はほとんどいません。その他の色で言えば、たまにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、割合からしても黒系や紺系が大多数です。ですから、人事部から見てもそういった色であるほうが当たり前であるかのように見えますから、見た目の印象という面ではそういった色を着用する方が良いわけです。