失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となりますが…

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業しているあいだは給付条件になりますが・・

失業時にもらえる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変動し、3ヶ月とか1年と決められるのですが、驚くことに知らないで失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り急いで仕事探しを開始しても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった部分は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。状況次第では、面接の際にその手の質問をされることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、まず受かりません。

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。経済政策ともに日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や民間企業間では次の世代の変化が現れ始めています。その余波を受け、一般の企業では今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」がとても大きな社会問題となっています。なお、「外国人労働者」の割合を高めていくと安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるはずです。

看護師|転職サイトは知名度の高いサイトであるほどたくさんの案件が掲載されているため、…

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される会社も豊富なので、入社したい2つか3つの会社を、とりあえず転職サイト登録しておき、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、加えて条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職についての情報収集を行うことが可能になります。とはいっても、最初だけは登録するのがかなり大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は新規案件のみ確認するだけでよいので、後のことを考えれば、初めにきちんと準備しておくことを心がけるのが無難です。

看護師|働くことによって心的に苦しくなり、転職しなくてはいけない状況に至ったな…

仕事のせいで回復が難しいほど精神的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、相談するのは会社でなく自身の家族と話し合い、会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜなら、働くのは当事者であるあなたです。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どんなに高い報酬を得られたからといって、メンタル面がボロボロになるまで我慢して働きつづけるのは、良いとは思えません。今の時代は金銭的なことよりも、働きやすさを優先する生き方も徐々に認められつつあります。ですから、あなたの身内と自身の心と体も大切にしましょう。

近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、会社名が公開されたりと不利益を被る仕組みが出来てきましたが、まだまだ物足りないといえます。そのため、面接で見破る必要があります。最初に、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目を一点ずつあれこれ質問してみましょう。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げようとすることが多いです。特に給与や残業や休日に対しては、詳しく聞いていくと、渋い顔をするケースが多くあります。それでも食い下がっていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでそこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

雇用中は可能なかぎり周りの人にバレないように(自身の転職活動・・

在職期間中なら、極力周りの人間に悟られないよう、(私の例ですが)雇用期間中に「転業するかも」という意図だけ、活動初期の段階で同僚に仄めかして反応を見ました。しかし、その後に求人誌を散々見たものの、思いとは裏腹に転職先も時期などさえも無鉄砲に決まらないまま、あっという間に時間だけが経過してしまいました。その一方で、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職予定日などが段々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経たあと、次の就職先を再度探しました。

友人や知人の紹介で転職の先を探すこともあるでしょう。

友人の紹介をキッカケにして転職する先を見つける人もいます。とはいっても労働環境やそれから労働条件といったポイントを知っている人からの口コミだけを過剰に信じるとあまりキケンです。そういうのはある特定の人の口コミは誤解・齟齬が多くなってしまいます。つまり紹介した人にしたら心地よい職場に思えても、、自身には、ストレスフルな環境があります。でもその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。