失業保険の給付に関して、「就職活動」していることが条件になります。

失業保険の給付においては、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることが必要なのです。そうだとしても、現実的には「会社を辞めたことだし、とりあえずは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。そこで、きちんと次の仕事先を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは必要ですが、そこで、「求人票」を閲覧することを最低限しておきましょう。真摯に探す気が無い時には、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「自分にあう仕事や、希望していた仕事が残念ながら確認できませんでした」と告げて次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。

  • 「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールが何回も掛かってきます。そのため初めて利用した人はとてもビックリするはずです。転職エージェントは転職を推進することが業務だと考えられるので、とても積極的な姿勢でいます。中でも大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬が支払われるシステムであるといえるので、転職者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多いものです。加えて、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が取れたすぐ後に、入社の説得をしてくることが多いです。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職しないように要注意です。
  • 転職するための期間中は、つい時間が有り余っている分…

  • 転職先を探している間は、どうしても、時間がある分、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。でも、そうした過ごし方はおすすめしません。というのは、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響があるからです。徐々に、仕事をしようとする気力がなくなり、生活ができなくなり困る事態となりかねません。そんな状況になってしまうと、悪いサイクルができてしまい、次の仕事がきちんと見つけられなくなります。将来の決断ができないのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうためです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけるような生活は転職活動中には必要ないのです。
  • 一昔前の求人誌に雇用主が求める人材の「性別」まで明確に記載されていました。

  • かつては求人情報では、募集条件の中に「性別」が、明確に書かれていました。ですが、男女雇用機会均等法の施行等により、男女差別が雇用の際にしてはいけないルールが敷かれ、応募資格のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。そういった変化があるものの、求人する会社側には男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。実際問題、本当は男性を必要とするジャンルに、女性が募集にやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまったり、といった問題も他人事ではないのです。もしも、「女性が活躍する職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうがべきです。
  • 女性が再就職するに当たり、今と一昔前では少なからず、変化があるといいます。

  • 女性の転職に際して、一昔前と今日とでは若干の変化が見受けられます。かつては会社側から「結婚の予定」や「出産後の予定」について自然に女性に質問していたのですが、今現在の流れとしては、こういった内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問をしない企業が一般化しつつあります。名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。が実際、面接する側はYES・NO、の2択でなく、その女性の生き方、結婚した後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っています。あなたの人生設計を知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と並行して表現することで、相手側にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思うわけです。ですから、質問されていない箇所も先にあなた自身から気遣いながら話を進めていきましょう。
  • 再就職する場合の面接で決まっているかのように尋ねられるの・・

  • 転職をする場合で絶対に質問されるのは辞職したのかという話ですが、このような質問に回答する際には話題の中心を前職からそらしたほうが良いです。辞めた経緯に焦点を当てるとどうしても面接において不利なことを伴った話になってしまいますから。どういう風に話せばいいかと言えば、以前働いていた会社を退職したのはこの職場に必ず入りたいと思っていたからといった話の中身に進めるべきであり、今自分が入りたいと思っている方の会社に話を向けるべきです。転職理由でも、行きたい会社の話だとマイナス面を隠しプラスの要素を含んだ辞職の事情にすることが可能です。
  • 転職の採用面接を受けに転職したい会社へ赴いたときのことで・・

  • 転職の採用面接を受けるため転職したい会社へ訪ねました。その会社の会議室が空いておらず会社の外で待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅の最寄駅が同じだったのです。ですから電車の中でも彼とずっとお話をしながら帰ることになり、緊張が解けて面接より話が弾んで、それが良かったからなのか何の問題もなく採用を手に入れることができました。