失業保険の給付について、活動していることの証明が必要になる…

広告
家 鍵 なくした

失業保険の給付については、「就職活動」しているという証明が必要となります。

  • 失業保険の給付については、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。そうはいっても、現実的には「会社に行かなくて良いし、しばらくは働かずにゆっくりしたい」と考えるのが現実でしょう。ですので、本気で次の仕事を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月一回の「ハローワーク」での面談は避けようがありませんが、「求人票」をチェックすることを必ず行わなければいけません。真摯に探すモチベーションがわかないときは、「求人票」にさらっと目を通し、(ハローワークスタッフとの)面談時に「労働条件のいい仕事ややっていけそうに思える仕事が残念ながら無かった」と相手に伝え、次の機会に賭けましょう。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

  • 転職サイトでは、登録後、電話・メールが何度も掛かってきます。このことに対して初めて利用する人はとても驚くケースが多いです。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが目的だといえるので、本当に積極的な姿勢でいます。特に大手のエージェントは転職させると企業から報酬を受け取るシステムのため、転職者の都合よりも企業側を優先的に考えることが多々あります。さらに、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定を得た瞬間に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職しないように注意を払うことが大切です。

  • 看護師|転職の間は、無意識のうちに時間がある分、気が緩んでしま・・

  • 転職の間は、無意識のうちにだらけてしまいがちです。でも、そういった過ごし方は避けたほうが賢明です。というのも、気の緩んだ、ダラけた生活が当たり前になると、心もダラケテしまうからです。気づけば、仕事をしようとする意欲が湧かず、経済的に困ることにもなるでしょう。こうして、悪いサイクルができてしまい、次の職場が決められません。再就職先を決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしてしまうからです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、しないように気を引き締めましょう。

  • 看護師|以前の求人誌には、募集要項の中に「性別」が、もれなく記載されていました。

  • 今までの求人情報に募集条件の中に「性別」が、当たり前のように書かれていました。ところが現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、男女の求人や、採用での差別をしてはいけないルールが敷かれ、募集要項のなかに「性別」が記載されなくなりました。ですが、募集する企業側には男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。実際、本当は男性が必要とするジャンルに、女性が応募してきたり、女性が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」と紹介されていたら、雇用側が働き手は女性を必要としている、と認識したほうがトラブルを避けられます。

  • 看護師|女性が転職するに当たり、今現在とセクハラが問題視される前では…

  • 女性の転職は、現在とセクハラが問題視される前では多少の、違ってきている点があります。前は面接の場で会社側から、結婚観や出産後の考え方について当たり前のように質問されることが珍しくありませんでした。しかし、今ではそういった内容はセクハラと会社側が捉え、聞かない会社の方が多くなっています。そしてまた、とりわけ大企業ほど、タブーとして扱われています。ただし実際、会社側は、はい・いいえ、の2択でなく、その女性の価値観結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを漠然とは知っておきたいとは思っています。自分の将来設計を伝えるためにも、自己PRや志望した動機と並行して伝えることで、相手方にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思うのです。ですので、質問されていない箇所についても、先にあなたの側から積極的に答えてみることを考えてみてください。

  • 転職をする際に面接でほぼ問いかけられるのが前に働いていた会社を辞職し・・

  • 再就職をする際に面接で高い確率で聞かれるのは職場を辞めた経緯についてです。この質問が出た場合には前職にスポットを当てない方が安心です。そこが中心となり話が進むとどうしても良くない面を取り込んだ話の内容になってしまうので。このことを上手く話すには、なぜ前職を辞めたのかという事をこちらの会社にぜひとも入社したいという考えがあったからという話の中身に持っていくということで、今、自分が入社したい会社に話の方向を向けていくと良いでしょう。そのような内容ならば、悪い面ではなく良い面を押し出した以前の会社を辞めた理由にすることができます。

  • 転職時の面接に希望先の会社へ向かいました。

  • 転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ出向いたときのことです。その日に限って会社で部屋が空いておらず会社外部で人事部の方と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散をし、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、驚くことに自宅の最寄駅が一緒だったのです。ですから電車の中でも彼と一緒に会話をしながらいっしょに帰宅することになって、緊張がなくなって面接しているよりも話が弾み、それが原因かなんと採用を掴むことができました。