再就職の面接でだいたい尋ねられることが会社を辞職し・・

看護師|再就職をする時に面接で決まり文句のように尋ねられる…

再就職をする際で高い確率で投げかけられるのは前に働いていた会社を退職したのかという話です。このような質問になった場合には話題を前職からそらしたほうが良いです。辞めるに至った経緯が話の中心となって進んでいくと絶対にマイナス面を取り込んだ話題になってしまいます。どういう風に進めればいいかというとなぜ前の会社を辞めたかという点をこちらの会社にどうしても入りたかった理由があるといった感じにしたら良いということで、面接に来た方の会社へ焦点を向けていくべきなのです。自分が行きたい会社の話になるのでマイナスではなくプラス面を印象づける前の職場を去った事情にすることが可能です。

看護師|転職時の面接に転職希望の会社へ出向いたときのことです。

転職の採用面接を受けにとある会社に伺いました。たまたまその会社の会議室が空きがないというわけで外のある場所で面接官との待ち合わせをして面接を行って、その場で解散ということになり、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、奇遇にも自宅最寄駅が私と一緒。ですから電車の中でも面接を行った人とずっと話をしながら帰宅することになり、すっかり緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾み、それがプラスになったのかなんと採用を手に入れることができました。

求人に関係する情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほ・・

求人に関する情報を見る際、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業をチェックしていなかったりします。そんな人のほとんどは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしていたりします。事実、製造業での求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事・総務・経理と言ったスタッフや購買、営業管理といった「オフィス系」の役職も結構多くあります。でも、製造業にはありがちですが、ビジネス街のような環境とは違います。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがマイナスに感じられるかもしれません。ですが、自分のこだわりを捨ててみることでよく考えた方が良いですね。

看護師|クールビズの格好で再就職の面接に行くときには、ジャケットま・・

クールビズの格好で再就職の面接に臨む際には、さすがにジャケットは着用しなくても大丈夫だと言えますけど、ネクタイはして面接を受けた方が印象が良いです。ネクタイにおいてもなくても大丈夫だと認める会社も存在することもなくはないです。ですが、ネクタイに関しては例えクールビズであろうと身だしなみとしてつけなければならないと思っている企業がそこそこ存在するわけです。そのため、例えクールビズの恰好でもネクタイだけはしていく方がベストであるということを知っておいてください。

現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。

現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。特許を取った経歴のある人は、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を提出した経験がある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など「功績」ある人を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。万が一、あなたがヘッドハンティングと思われる連絡をもらった際には、そのキッカケを考えてみましょう。かなりレアなケースでは、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求してくる会社もありますが、その手の会社は間違いなくイカサマであるので騙されてはいけません。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を払う必要などありません。

求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は多くの会社・・

求人についての情報では、大部分の場合は多くの企業では月の給与が記載されているはずです。しかしこの月収の項目をチェックする時には、しっかり確認する事が必要です。額の多い少ないだけを見てわかってしまわないほうが無難です。何故かというとひょっとすると、月収のなかに月15時間残業の場合が含まれているおそれもあります。残業代を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集していることも珍しくありません。また、基本給プラス歩合給で、歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている企業もあります。そういうわけで、こういった応募者を増やそうとする会社には近づかないほうが良いでしょう。

看護師|今現在の職場や仕事に対するほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在の自分の職場や業務について大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや、仕事上での能力をきちんと評価してくれない」そして、「報酬は上がらず、出世も出来ない」といった不満が多くを占めると思います。でも、その手の悩みを持っている人の一部には、自分の実力を実際よりも過大評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と無駄にブランク期間ができるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招きかねません。転職をスムーズに行うためにも、自分のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。