全く経験のない業界などに転職するときには、自分の以前の仕事…

全くの未経験の分野などに転身したいときには、前の職・・

これまで経験したことがない分野などに転職をしようとするときには、前の仕事で、自分が養われたスキルや今までやってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールが必要になります。その業種で経験をしたことがないという人は未経験の分そのジャンルで勤務したことがある方よりも正直、不利になりますけど、自分自身の持っている能力がその分野でも発揮することができるということをしっかりと伝えることができれば、勝負になることも多くあります。ですから、経験が全然ない業界に挑戦する場合は、その分野と今まで自分が経験してきた職務との関連を必ず見つけ出しましょう。

転職のため仕事探しをする場合に注意して欲しい求人内容は・・

転職活動をする場合に注意が必要な求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長めというものです。こういった募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がとても多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間、45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みです。(注・違法ではありません)もし『みなし残業代25時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」ということになるわけです。けれども、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してない場合もあるので、よく気を付けてください。

看護師|将来的に、私たちの社会的環境において確実に単純作業…

これからの社会ではぐんぐんと簡単な仕事は機械化が進行し、明らかに人手は少なからず減少していきます。そのワケは、思考を必要としない作業という観点では機械で進めたほうが数段に分があるからです。数を数えたり同一の動きを延々と反復したりすることは機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って愚痴も言わず、疲れもしない、不正をすることもないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。また、報酬も発生しないのです。このような理由から、生身の人間を使う意味が到底無いことが明白で、機械に置き代わるのも自然の流れなのです。

転職活動をしていると、面接時に例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていると面接において例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、転職理由についてそのまま話すのは得策ではありません。たとえば給料・待遇に対する不満、同僚や上司とのトラブルなど、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。おそらく、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、「御社に入ってから〇〇したいです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で志望動機にすり替えてしまうのです。

看護師|転職先の会社見学は、非常に参考になります。

転職候補に挙がっている会社での見学に参加するととても参考になります。また、「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られて楽しみです。そのような「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、本来の現場を見せることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーなどの業種です。この職種では、個人のプライドが強いので実際に入社してからでないと、本当の姿はわかりません。なので、仕事=見学で触れた内容と決めつけないことが賢明です。また、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、良い会社とは言えません。雇用契約を結んでいない人には何かトラブルが発生しても、保証もないので、仕事体験を勧められても丁重に断るのが無難です。

看護師|転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。ただ、忙しく仕事を行いながら求人情報を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは心身ともに負担が大きいといえるでしょう。加えて、転職活動中は、今の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接前にキャンセルすると厄介な事態となるかもしれません。エージェントを介していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しなければいけません。

看護師|転職する際は、様々な手段で情報を収集することが多いと思います・・

転職活動を始めるとき、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に有益です。一時期、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の報復によってそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる視点から見ると、投稿の内容が真実でなければ、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかし、本当は『クロ』で「このままではマズイと思い、早く火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いと言う事はその分関わったらトラブルに遭遇する確率が高い、と見て良いでしょう。というか、本当に善良な企業であればトラブルは発生しません。