先週転職のために人材紹介会社に登録に向かいました。

昨日転職活動の一環として人材バンクに登録に行きました。

  • 先週転職の準備をしようと人材会社へ登録に行きました。そのときカウンセリングに出てきた担当の人が見たところ会社に入って間もない社員のようで、こちら側が説明していることの5割ほども彼はわかってはいない模様だったのです。さらに悪いことに「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが重要です」等、私のことをすべて理解しているかのように偉そうに言うので非常にイラつきました。カウンセリングをする人は多少は仕事を経験している方にするべきです。

  • 転職を考えるとき、その職場の給料ばかりに気を取られる人が…

  • 転職について考えた場合、その職場の自分の年収について気にする人がかなり多いように思います。大部分の方はだから生活費を給料として手に入れるべく励んでいるはず。したがって年収というのは自分がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできるから、とうぜん大切なものとして扱うのは当然ではあります。しかしながら、愚かにも年収の額に気にかけすぎる人生というのもさみしいものです。よく見れば年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることは大いにあるものだからです。

  • 看護師|再就職しようとする時に絶対に準備しないといけない履歴書においては…

  • 転職の時に書く必要がある履歴書や職務経歴書などにおいてですが、ほとんどは自筆ではなく、パソコンを活用して作成するのが当たり前です。今現在の日本社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなく自筆で準備するのが当然だと思われることもよくありますが、それは新卒の就職活動やアルバイトの時の履歴書であって、実際には、転職をする時については履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないとは言えないのです。手書きの履歴書や職務経歴書をベストとする時もあるようですが、そうではない企業が徐々に増加していていますので、手書きの履歴書や職務経歴書でなくても良いケースはけっこうあるのです。

  • 看護師|自分のスキルや資格を活用しながら再就職する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と…

  • 今あるスキルを武器に転職活動を検討しているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそうでないものを知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職がしやすい業界としては、慢性的に人材が不足している「医療・介護」の分野が代表でしょう。それぞれ看護師・介護士の「資格」が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていてとある事情によって異業種に転職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、働き手の流動性は少なくなります。ですから、容易に考えないことが大切です。異業種への再就職される場合は、他の業界では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。

  • 職を変える際に、勤務している会社を辞めてから転職しようとする人もいます…

  • 転職活動を行うときに、まず現在働いている会社を完全に辞めてからと考える人もいるようですが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスの支給時期を確かめておきましょう。ボーナスがもらえる会社はほとんどですが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが振り込まれる時期まで少ししかないのなら、ボーナスが支給されてから辞める意向を伝えるという考えもおすすめです。ボーナスはそれなりに多くもらえるはずなので、もらっておかないと損をすると言えるでしょうから、転職しようと思ったらボーナスが入る日を確認するのを忘れないようにするのがボーナスをもらうのを忘れないと思います。

  • 看護師|失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが、…

  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて変わり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、中にはこれを知らずに期間の制限がないと勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて遊び続けている人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから大急ぎで仕事探しを始めても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中に何をしていたかといった箇所はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ヘタをすると、面接担当者からそういった質問をされるキケンもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。

  • 看護師|昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々金融政策ともあいまって財界や企業間においても新たな社会的な変化が顕在化しつつあります。そのこともあり民間企業サイドでも労働人口の減少による「人材不足」が根深い問題となっています。最近では外国人の労働者を今以上に高めていくであると安倍政権は宣言しています。日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるはずです。