会社が原因で心的なダメージが蓄積され、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら…

働いていることで心的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、…

  • 仕事によって回復が難しいほど心的に相当につらくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、そのときは、会社(の関係者)と相談する以上に、身内などの近しい存在の人に相談したうえで、転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、働くことは自分のためでもありますが、家族の問題でもあります。どんなに高い給料を得られたからといって、心的ダメージを負ってしまうほど、我慢しながら無理して仕事をするのは健全ではないはずです。現在の社会では、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを重視する生き方が尊重される時代です。ですから気に病むことなく、あなたの家族、自身の心身の健康を考えていきましょう。
  • 看護師|現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり…

  • 現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、不利益を被るシステムができてきましたが、まだまだ完全ではないのが現状です。したがって、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票などで労働条件をチェックし、不安に思う項目についてあれこれ質問していきましょう。ブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げようとします。「給与」「残業」「休日」については、質問を重ねていくと渋い顔をすることが多いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、変だと思ったら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。
  • 看護師|雇用期間にあるときは、極力周囲にバレないように(私の場…

  • 雇用期間にあるときは、できたら、社内の人間に気づかれないように、(自身の例ですが)前職中に転職する考えだけを早期に会社内で仄めかしたことがあります。けれど、その後に求人を散々見たものの、結局働く先や転職するタイミングすら何も決まらないまま、ダラダラ時間が過ぎてしまいました。会社のほうは、退職に関わる手続き、私の退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。
  • 看護師|人の紹介で転職する先を探す人もいるでしょう。

  • 人からの紹介によって転職する先を探すこともあるでしょう。それも悪いとはいわないけど転職をした先の労働環境やそれから労働条件といった部分について紹介者の口コミをあんまり信用しすぎるとあまりトラブルになるおそれがあります。なぜなら、そういう口コミというのはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。それ故に知人にとって、良い職場に思えても、、自分自身の価値観に照らし合わせたときには、イマイチな環境だってあるのです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分自身の決断を信じるしかありません。
  • 看護師|その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は務めとしてどうし…

  • その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は働く者として歴史的にも女性比率がとても大きい職場です。そして、気力あるいは体力のひどく消耗が激しい傾向にあります。とうぜん職場での人間関係がうまくいかなかったり、結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい職業といえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職される人が多い傾向にあります。流動性が高い仕事であるため、看護師は、慢性的な人材不足になっているのです。ずっと、それぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たない状態に拍車を掛けています。
  • 看護師|『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、その意志が強いのであれば、…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。なぜならばここでは曖昧な表現をすると上司に言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたい旨をはじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、いろいろあってなぜか辞められたのはその年の11月です。本音を言うと、仕事が一段落した年度末を契機にやめようとおもったのに、大変驚きました。やっぱり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、さすがに会社や上司に対して愛想が尽きました。
  • 転職時、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 仕事を探すのに、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用する場合もありますが、もしあなたがその種のところに登録し就職できた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワークを通さずに就業しても給付対象とならないので注意する必要があります。これと違って、ハローワーク経由で斡旋された会社に就業した場合は、就職用の準備金として、一時金が支払われます。ウェブを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。押さえておかなければ、失業中にお金をもらえない状況になるので、そうならないように気を付けましょう。