仮に再就職を目指そうとしても、全てがスムーズに進行す…

転職にもあらゆることがうまく進行するとは限りませ…

  • 再就職するにも万事順調に運ぶとは言い切れません。可能であれば、どちらにしろ転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちにできるだけ早く行動しておくべきです。大半の場合、20代のうちは成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代になってしまうと転職結果は、たいへん厳しいものと考えておくべきです。役職に就いているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、今の会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に含めておくべきです。退社してから転職活動を開始するよりも、現在の会社に残りつつ、時間をかけて注意深く行動したほうが失敗しなくて済みます。
  • 看護師|やっている転職する活動時、「私はこれまでずっとこのような価値のあ・・

  • 今やっている転職活動で「自分はこれまでこのような種類の仕事をがんばってきました」「過去の仕事では、こういったスキルを手に入れました」と自身の成功体験などをよく伝わるようにアピールする人はときどき目にします。ただし、転職先となる新しい場所で「こういった仕事をしたい」「私が申したような内容の仕事をするのなら積極的に貢献できるはず」と未来形として自分をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 看護師|転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、…

  • 転職活動の最後の壁として、今の会社の退職があります。転職先の会社から採用の内定をゲットしても、今いる企業があなたを手放したくないとして引き留めることも少なくありません。そのような場合は、どうあっても退職する、という強い意思を保つことが重要といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をつくっておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と直接、話し合い、退職を考え直すことは絶対にありませんと、ハッキリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動のひとつです。
  • 今、私は派遣で働いています。サイト上でなにげなく条件のよい仕・・

  • このところ私は派遣の会社に登録をしています。サイト上でなにげなく気になる仕事を見つけ出し確認したところ「その仕事はすでに別の人で話が進んでいます」と断られ一瞬ウェブサイト上からお仕事情報が消えるのですが、次の日には元通りに掲載されています。これって結局私ではダメだっていうことですよね。それであるならば最初からカドが立たない程度にはっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。あるいはまた客寄せのための偽のお仕事なのでしょうか?
  • 長い間接客関係で仕事を行ってきましたが、年のせいか座ることのできない仕事・・

  • 長きにわたって接客関係で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつれ立って行う仕事は体力的につらくて、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を考えて活動をしました。事務の経験がなければ少々難しく、接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も合格し個人の医院に転職しました。周囲はベテランのパートさんばかりで人間関係においてもややこしい。夜のシフトばかりさせられて、接客業をしていた時より帰りも遅いわけですが、今はキャリアの形成時期だと割り切って頑張ります。
  • 看護師でありながらほかの職業に転職の理由は人それぞれではないでしょうか。

  • 看護師という仕事の人のそれと違う職に転職の理由はその人によって違うはずです。ちょっとみると転職するには「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚することで自分勝手にできなくなって出産・子育てさらに家族の介護など、種々の変化によって今までと同じようには仕事が難しくなってしまった」「現在の稼ぎに不満を感じている」など、さまざまな理由が抱えているのかもしれません。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、頭を冷やして静かに現在の状況を客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、もう一度考えたうえで決断されることを強くお勧めします。
  • 新しく就いた仕事で過去の実力を活かすことができれば・・

  • 新たな職場で今までに培われてきたキャリアが生かせれば、即戦力として周囲から扱われ、すぐに職場にも馴染めるはずです。雇用した側としてもスキルを持つ人材は常に欲しがるので、タイミングさえあえば、そこまで難しいものではありません。しかも、今までの仕事内容と似た業界であれば、見込みは十分にあります。ですが、即戦力となる能力があったとしても大手の事務仕事や、公務員の募集については、いつの世になっても、中々の競争率ですから、楽観視は禁物です。