仮にあなたが、転職の決定したのであれば、徹底的に社内の人には…

もし、転職を決断したなら、徹底的に会社の人には内…

もしもあなたが、とらばーゆを決意したのなら、完全に同僚にはこっそりとその意思を伝えずに、転職活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、可能なだけ社内の人間に知られないように淡々と仕事をする方がたいへん無難です。働いている間、この状態を維持していれば、希望通りに希望に沿う転職先を容易に見つけられなくても、転身予定を先延ばしにしながら今の仕事を残ってもトラブルの心配がありません。でもついつい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、同僚はその言葉に合わせた態度をとるようになります。おまけに社内の人間に「辞めるつもりです」と口にしたら、周囲には「あの人は辞める予定の人」と確定します。そうなってしまってから転職したい思いが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中ずっと、立場が悪くなる思いををするでしょう。

看護師|先週仕事を探すために人材バンクに登録に出向きました。

数日前新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングをするために出てきた担当の人がどうも大学卒業後まもない社員のようで、こちら側が説明している話の2分の1もその社員は理解ができていない様子です。それにもかかわらず「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていく必要性があります」とか、知ったかぶりに偉そうにのたまうので非常にイラつきました。カウンセリング担当者はそれなりに社会人経験がある人にしてほしいです。

看護師|転職しようと考えたとき、転職先となる職場における自分の給料について気にする人…

転職というものについて考えた場合、転職したあとの自身の年収を過剰に気にする人がそこそこ多くの方のようです。とうぜん大部分の人はですから生活費を給与として手に入れるべく励むとは思います。だから年収というのは自分の社会的な価値を知る値という面もあるから当然大切と感じるのは当然ともいえます。それにしても年収額に異常にこだわりすぎる生き方というのもさみしいものです。収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。

転職をしようとする時に絶対に準備する必要のある履歴書について…

再就職しようとする際に絶対に用意しないといけない履歴書などにおいてですが、基本、パソコンを活用して作成するのが普通です。日本国内では履歴書はパソコンを使わずペンを使って用意するのが普通だと捉えられていることもありますが、それは新卒の人の就職活動やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実際のところ、転職をする時においては履歴書は100%手書きでないといけないと断言はできません。手書きの履歴書や職務経歴書をベストとする企業もあるようですが、違うところがずっと増加していていますので、自筆の履歴書や職務経歴書でなくてもOKな企業は多くあるのです。

看護師|あなたが持つ現在のスキルをふまえて転職活動を検討する場合は・・

自分のスキルを活かして就職活動を検討する場合は、再就職し易い業界と再就職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。再就職がカンタンといわれる業種は、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系の仕事がおなじみですね。医療や介護では、看護師、介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて様々な理由により、他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性はかなり低くなります。なので、安易に考えないことが重要です。異業種への再就職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。

新しい仕事を探すのに、今勤務している会社を辞めた後で…

転職活動を行う際に、まず会社を辞めてからという考え方もありますが、そうであるなら会社がいつボーナスを支給するかを事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する企業はほとんどですが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスが振り込まれる時期まで長くないのなら、ボーナスをもらった後で辞めるという方法も賢い方法です。ボーナスはそれなりにたくさんもらえると思うので、もらっておかないと損をすると分かりますから、退職の際にはボーナスの支給日について知っておくほうが賢いやり方です。

失業によって得られる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが・・

失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、ずっと給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変わり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、このような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。期間の制限がないと勘違いして「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから急いで職探しをしてもうまくいく可能性は低いでしょう。転職先の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかに関してはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。場合によっては、面接官からその手の質問をされることもあります。しどろもどろになると9割がた採用されません。