今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり・・

今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな・・

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、厳罰を処する流れにありますが、まだまだ問題が多いといえます。それゆえ、面接で見破る必要があります。まずは求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、不安に思う項目について細かく質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になることが多いです。特に「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問してみると、渋い顔をする場合が多くあります。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

在職中には、できたら、周りの人間にバレないよう(自身の経験談ですが…

就労期間にあるときは、出来るだけ周りの人間にバレないよう(私の例ですが)雇用中に転社の気持ちだけを早期に社内で話してみました。ですが、その顎、求人を必死に色々と探してみたものの、予想に反して転職する転職時期すら計画も立てずに決まらずダラダラ時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその一方、会社の側は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就職先を探す流れになりました。

看護師|人による紹介で転職の先を見付ける人がいます。

友人・知人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。そうはいっても転職の先の労働環境、また労働時間などの大切な部分を友人からの口コミだけを信用しすぎると問題になるかもしれません。なぜなら、個人の口コミ情報というものは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。つまり友人・知人にとっては、働きやすい働く場所であっても、自分自身には、イライラするだけの場合かもしれません。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最終的には自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

看護師|以前は看護婦ですが看護師というのは資格としてやはり女性の割合がすごく・・

看護師という職業は、女性のたいへん多い職場です。加えて、気力、体力ともに大きく消耗が激しい特徴もあります。であるがゆえに、職場環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい仕事といえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。過酷な環境ということもあり、看護師は、慢性的な人材不足になっているのです。なので、各病院は、看護師を求めている「売り手市場」な状態で、それが転職希望者が後を絶たないスパイラルになっています。

『転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば、退職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ただし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私もそういった経験があり、ズルズルと長引き最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたい旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には退職届けを出せたのは同年の11月です。本来なら、ちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、うまくいきませんでした。やっぱり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、その会社に対しての心の底から愛想が尽きました。

看護師|新しい仕事を探す際、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン…

就職活動をするとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る場合もあるでしょうが、仮にその種のエージェントに登録し、めでたく就職できた場合でも、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても給付してもらえないので注意が必要。なお、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらった会社に就職したときは、就業に備える準備金として「一時金」を受け取れることになります。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。このようなことを踏まえておかないと、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

看護師|今のご時世では、株・不動産投資の不労所得で生計を立てたり・・

近年では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだり、個人経営 といった生き方も増えています。そのような移り変わりもあり、「会社員以外の道はキケンだ」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長期の際には不安の残る株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員であるほうが大いに安定性にすぐれており、人生のもっとも正しい道として広く社会に浸透していました。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」という風にも言い表されています。近い将来では、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要になると言われています。