今まで私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

看護師|これまでの私は、「転職サイト」を活用するより、私はハローワーク派でした。

これまでの私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」で探していました。というのは、有名な「転職サイト」は、特性上、都心部にある企業の求人がほとんどだからです。このため、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域に根ざした企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークは地味なイメージがある」と感じている人が少なくはないでしょう。ですが、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、そろそろ転職しようと考え中の方は、ハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。転職サイトのようにたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

キャリアップしたいと思いいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルにおいても本当に様々あって大体の場合、納得のいく対応をしてくれないアドバイザーばかり。こっちは人生がかかっているのにもっと真剣に臨んでほしいという願いが高まってきてそれが引き金となって自分自身がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。その資格を取得するのに費用も掛かりました。それに加えて勉強面もかなりハードではありますが、就職活動の際にあなたが担当者でよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

看護師|再就職時の面接では、小企業だったらほとんどが「人事」が面接官となります…

再就職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業クラスの場合大抵は「人事」が面接担当ですが、別の場合もあるようです。例えば、今後仕事を一緒にしていく一番偉い人、平たく言えば課長・部長などの中間管理職が当たることになるでしょう。特に、事務職や営業職といった部署に転職するのなら、資格による人の評価が難しいですから、しっかり自分自身を売り込んでいくことが必要なのです。面接官から「この人はしっかり主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

看護師|新卒採用で入社した会社を辞め、転職を決意しました。

新卒採用で入社しましたが、転職に踏み切りました。実際にやめる前後は、想像以上に不安な気持ちになりました。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、多数の人が転職をしていることを転職活動を通して学び、無意識のうちに漠然とした不安が消え、ほっとしました。また1回転職したことでなんだか肩の荷が下りる気持ちになり、「自分のやりたいこと」を見つけることが毎日が充実したものになりました。やはり「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」という転職を好ましく思わない意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の人生においては転職をやって良かったと思っています。

新しい職場につきたいと転職活動をする場合、「ちょっとでも早…

もっと良い企業がいいと転職で活動している人とは「できるだけ早く、内定がほしい」と考えてしまいがちです。ただ、そのために採用通知を欲しいあまり、自身の能力を高く偽ったり、あるいはその逆に自分を過小評価にしかならない売り込みはゼッタイに避けておきましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちをブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、自分にふさわしい職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴が生きるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く見極めていきましょう。

もし、現職からの転身の決意したのなら、まったく周囲の人・・

例えば、現職からの転身の決心をしたのであれば、完全に周囲の人間にはそれを告げずに転職活動していき、転身先が決まらないうちは、あくまで周囲に悟られないよう平常通りに振舞うのが正解です。転職先が決まっていない間、その状態を保っておくと、希望通りの希望する条件に沿う転職先が難航したとしても、転身予定を見合わせながら、現職をそれまで通りに継続してもトラブルの心配がありません。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲はその言葉に合わせて動き出します。そればかりか会社内で「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲からは「あいつは退職する人」という位置づけになります。そうなると、「やっぱり辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周りの人は、「一度は退職しようとした人」ということで在籍中は、立場が悪くなると感じるリスクがあります。

一昨日新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。

この前仕事を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。そこで登録カウンセリングをしに出てきた担当者の雰囲気が見たところ経験不足の社員のようで、私が話したことの3割もその社員はわかっていない様子。そのうえ「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておく必要があります」とか、ベテラン社員のように横柄に言い散らかすからとても不快な気分になりました。カウンセリングをする人はある程度仕事を経験している人にするべきだと思います。